@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

設定【セッテイ】

デジタル大辞泉

せっ‐てい【設定】
[名](スル)
ある物事や条件をつくり定めること。「討論の場を設定する」「舞台を江戸時代に設定する」
法律で、新たに権利を発生させること。「抵当権を設定する」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

せってい【設定】
スル
ある目的に沿って、新たに物事をもうけ定めること。 規則を-する 抵当権を-する

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せっ‐てい【設定】
〘名〙
① 施設や機関また、きまりなどを新たに設けること。〔英和商業新辞彙(1904)〕
※帝都復興に関する詔書‐大正一二年(1923)九月一二日「朕は宰臣に命じ、速に特殊の機関を設定して」
② ある仮定や条件を設けること。
※小説の方法(1948)〈伊藤整〉日本の場合「二葉亭が自己を作品の主人公に設定しながら」
③ 法律上、新たに権利を生じさせること。特に地上権・永小作権・質権・抵当権などの制限物権を生じさせることをいう。
※民法(明治二九年)(1896)一七六条「物権の設定及び移転は当事者の意思表示のみに因りて其効力を生ず」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

設定」の用語解説はコトバンクが提供しています。

設定の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation