@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

許容線量【キョヨウセンリョウ】

デジタル大辞泉

きょよう‐せんりょう〔‐センリヤウ〕【許容線量】
人体への影響上許容できると考えられた被曝放射線量の最大値。1977年からは線量当量限度が用いられる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きょようせんりょう【許容線量】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

化学辞典 第2版

許容線量
キョヨウセンリョウ
permissible dose

許容線量に関する概念と評価は,いくたびかの変遷を経て今日に至っているが,1954年の国際放射線防護委員会(International Commission on Rediological Protection:ICRP)の勧告は,これを「現在の知識に照らして,生涯のいずれの時期にも感知されうる程度の身体的障害を起こさないと思われる電離放射線の量」と定義した.ここに,「感知されうる程度の身体的障害」とは,「平均的な個人が不愉快と思う身体的障害または影響,あるいは適当な医学の権威者が個人の健康と幸福に有害とみなす障害または影響」を意味する.許容量に近い概念は,1925年にアメリカのA. Mutschellerによってはじめて提案された.ただし,当時は今日とは異なって,ある線量以下の照射であれば,長期にわたり連続的に被ばくしても,すなわち,一生の間に受ける総線量はたとえ大きくても,人体はこれに耐えうると考えられ,tolerance doseという概念が生まれた(この訳語は耐容線量であって,許容線量といってはあたらない).しかし,人が一生ばく射されていても耐えうる放射線量がどのくらいかを明確に答えることはできない.そこで,1950年にICRPは,この不適当な表現のかわりに,今日のいわゆる許容線量(permissible dose)という用語を用いるようになった.これは,人類にとって電離放射線の使用が不可避と認める一方,個人またはその子孫に対し,まったく無害な放射線量というものはありえない,との考え方に立って設定する制限線量のことである.具体的な数値は,最大許容線量の名称で定められており,許容線量と区別されるが,週に100 mrem(年間5 rem)というのが1957年に勧告され,今日に至っている.以上は管理区域内における職業上の短期間内の被ばく限度であるが,管理区域外の一般人の被ばく限度は,さらに1けた厳しい数値となっている.放射線の身体に及ぼす影響についての知見が深まるにつれ,許容線量は今後さらに下げられることが予想される.また,一定の年齢に達するまでの総線量,すなわち,蓄積線量を制限するという考え方も,1956年以来ICRPが導入し,生殖腺と造血器官,そのほかの身体の部分の被ばくに対して,最大許容蓄積線量が定められている.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

許容線量
きょようせんりょう
最大許容線量」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

許容線量」の用語解説はコトバンクが提供しています。

許容線量の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation