@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

許衡【きょこう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

許衡
きょこう
Xu Heng
[生]嘉定2(1209)
[没]至元18(1281)
中国,元の代表的学者。字は仲平。号は魯斎。河南省農民の出。程頤 (ていい) ,朱子に傾倒し,姚枢 (ようすう) らと諸学を研究。世祖即位前に京兆提学となり,即位後,国子祭酒に任じられた。中国伝統の方法 (漢法) による統治をすすめて受入れられ,官制,朝議の諸事も定めた。至元8 (1271) 年来,集賢大学士兼国子祭酒としてモンゴル人子弟の教育にあたり,同 13年より授時暦作成に参加した。華北の朱子学盛行は彼の功績。特別な創見をもったわけではないが,儒学の沈滞した元代では,目立った存在であった。著書『許文正公遺書』 (12巻) ほか。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きょ‐こう〔‐カウ〕【許衡】
[1209~1281]中国、の学者。新鄭(河南省)の人。字(あざな)は仲平。号は魯斎(ろさい)。元代を代表する朱子学者。「魯斎心法」「許文正公遺書」。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きょこう【許衡 Xǔ Héng】
1209‐81
中国,元代の朱子学者。字は仲平,号は魯斎。河南泌陽(ひつよう)の人。農民の出身であったが,学問に精進し,元朝初期の名臣竇黙(とうもく)に仏老百家を学び,次いで桃枢(とうすう)に朱子学を学んだ。この2人の推挙で南宋滅亡以前に世祖フビライに近侍し,のち,学術界に重きをなした。元朝治下に朱子学を広めた功績は大きく,呉澄とともに元の二大儒と称される。その実践に努めた消息は,その著《魯斎全書》《魯斎心法》にみえる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

許衡
きょこう
(1209―1281)

中国、元代の朱子学者。字(あざな)は仲平、号は魯斎(ろさい)。河南省沁陽(しんよう)県の人。初め竇黙(とうもく)(1196―1280)に仏老(ぶつろう)百家を学び、姚枢(ようすう)(1201―1278)に朱子学を学んだ。この二人の名臣の推挙で南宋(なんそう)滅亡以前に世祖フビライに仕えた。豊かな学殖と人格的魅力で学術界に重きをなし、元朝治下に朱子学を広めた功績は大きい。呉澄(ごちょう)とともに元の二大儒と称される。理論的に新味はないが、実践に努めた消息は『魯斎全書』『魯斎心法』にみえ、日本でもよく読まれた。

田公平 2016年2月17日]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きょ‐こう ‥カウ【許衡】
中国、元代の学者。字(あざな)は仲平。号は魯斎。諡(おくりな)は文正。世祖に仕え、官は国子祭酒、商議中書省事となる。北方における朱子学の普及に尽した。また、授時暦の制定に参加し、蒙古の子弟の教育にも当たった。著「許文正公遺書」一二巻。(一二〇九‐八一

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

許衡」の用語解説はコトバンクが提供しています。

許衡の関連情報

関連キーワード

モンフォールアルビジョア十字軍貿易インバランス安嘉門院玉蕊近代秀歌中原親能日野川フランチェスコ修道会

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation