@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

訴訟記録【そしょうきろく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

訴訟記録
そしょうきろく
records; Prozeßakten; Akten
(1) 民事訴訟法上,一定の訴訟事件に関する一切の書類を綴り込んだ帳簿。訴訟に関し保存しなければならない訴状準備書面,答弁書,口頭弁論調書,判決および書証原本正本などをいう。保管の責任者は訴訟の係属中はその審級の裁判所書記官であり,事件の完結後は第1審の裁判所書記官である。だれも,その閲覧を請求できるのが原則であり,当事者は,訴訟記録の謄写またはその正本,謄本抄本などの交付を請求できる。しかし 1996年の改正でプライバシーや営業秘密が関係する訴訟の場合に裁判所は閲覧を制限できることになった。 (2) 刑事訴訟法上は,訴訟に関する書類と呼ばれ,起訴状,各種の調書,書証,令状など具体的訴訟事件に関連して裁判所に提出された書類および裁判書を一括して編綴したものをいう。訴訟記録は1事件ごとに編製されるが,いかなる書類をこれに編綴するかについては明文の規定はない。訴訟記録が刑事訴訟手続において意味をもつのは,手続の適正保持のためである。控訴申し立てにおいては,原則として,控訴趣意書に訴訟記録および原裁判所で取り調べた証拠に現れている事実であって,その事由があることを信じるに足りるものを援用すべきこととしている。事件終了後これを閲覧できる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

そしょう‐きろく【訴訟記録】
裁判所が保管する、訴訟に関する一切の記録。訴状答弁書準備書面書証判決書など。裁判所書記官が管理する。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

そしょうきろく【訴訟記録】
民・刑事の訴訟手続の内容,進行に関する重要な事項の記録をいう。民事では訴訟記録というが(事訴訟法91条),刑事では〈訴訟に関する書類〉と呼んでいる(刑事訴訟法47条)。訴訟では手続が行われる日時(期日)に何がなされたかが最も重要なので,これに関する訴訟記録を〈調書〉と呼び,民事訴訟法(160条)でも,刑事訴訟法(48条以下)でも詳しい規定が置かれている。期日に何が,どのようになされたかは,調書によってのみ証明される事項とされ,調書の記載が決定的な意味をもつ(民事訴訟法160条3項,刑事訴訟法52条)。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

訴訟記録
そしょうきろく

当事者が裁判所に提出した書類、および裁判所が作成した書類を特定の訴訟ごとにとじたもの。

[本間義信]

民事訴訟における訴訟記録

訴状、答弁書、準備書面、証拠の申出書、送達報告書、口頭弁論調書、証拠調べ調書、裁判の原本・正本などをとじたものである。保管は、訴訟が係属中の裁判所の書記官あるいは第一審裁判所の書記官が責任をもつ。民事訴訟記録は、保存または裁判所の執務に支障のない限り、原則としてだれでもその閲覧を書記官に請求できる(一般公開主義、民事訴訟法91条、公開主義の表れである)。また、当事者、利害関係人は謄写または正本・謄本・抄本の交付を書記官に請求できる。記録を読むことにより、訴訟の具体的経過を知ることができる。

[本間義信]

刑事訴訟における訴訟記録

どのような書類をとじるかについて規定がないが、各種の調書、書証、令状等いっさいの書類がとじられている。刑事訴訟では、控訴の申立てに訴訟記録等に現れている事実であってその事由があることを信ずるに足りるものを援用しなければならない点で、とくに重要である。刑事訴訟記録は、公訴の提起後は、弁護人が閲覧・謄写できる(刑事訴訟法40条)。事件の終結後は、だれでも閲覧できる(同法53条)。

[本間義信]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

そしょう‐きろく【訴訟記録】
〘名〙 民事、刑事の訴訟事件について、裁判に必要な関係書類を審理の進行にしたがってとじあわせた公簿。裁判所書記官が保管する。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

訴訟記録」の用語解説はコトバンクが提供しています。

訴訟記録の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation