@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

訴訟費用【そしょうひよう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

訴訟費用
そしょうひよう
Costs; Prozeßkosten; dépens
(1) 民事訴訟法上,当事者訴訟追行および裁判所裁判のために当事者および裁判所が支出する費用であって,「民事訴訟費用等に関する法律」 (昭和 46年法律 40号) で定められている範囲内のもの。裁判所に納める費用と証人などに対する給付に分かれる。前者は,手数料と手数料以外の費用 (裁判所が証拠調べなどの手続上の行為をするために必要な給付その他給付行為に相当する金額など) であり,後者は証人の旅費日当,宿泊料などである。現行法上弁護士の報酬は訴訟費用に入らない。訴訟費用は,原則として敗訴の当事者が負担する。

(2) 刑事訴訟法上の訴訟費用の範囲は「事訴訟費用等に関する法律」 (昭和 46年法律 41号) に定められており,(a) 証人,鑑定人,翻訳人に支給すべき日当,旅費,宿泊料,(b) 鑑定料,通訳料,翻訳料および鑑定人,通訳人,翻訳人に対して支払い,または償還すべき費用,(c) 国選弁護人の日当,旅費,宿泊料および報酬である。刑の言い渡しをしたときは,原則として,訴訟費用の全部または一部を被告人が負担する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

そしょう‐ひよう【訴訟費用】
訴訟における裁判所および当事者が支出した費用のうち、法律に定められている範囲のもの。原則として敗訴の当事者や被告人の負担とされる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

そしょうひよう【訴訟費用】
(1)民事訴訟において訴訟費用とは,訴訟の追行および審判のために必要なものとして,当事者および裁判所の支出した費用で,〈民事訴訟費用等に関する法律〉(1971公布)の定める範囲のものをいう。裁判所の行為につき支出される費用(裁判費用)と当事者自身が訴訟追行のために支出する費用(当事者費用)とに分かれる。裁判費用のうち申立て手数料(通常は訴額に応じて定まる)は,訴状等に印紙をはって納めることにより国庫に納入され,また証人の出頭につき支出される旅費・日当・宿泊料や鑑定料,送達の郵便料等は当事者が予納しなければならない。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

そしょうひよう【訴訟費用】
訴訟のために当事者および裁判所が支出した費用のうち、法律で特に定めたもの。原則として、敗訴した当事者や被告人が負担する。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

訴訟費用
そしょうひよう
訴訟にかかる費用のうち、法律に定められたものをいう。[内田一郎]

刑事訴訟における訴訟費用

訴訟中で生じた費用のうち法律がとくに刑事訴訟費用として定めるものをいい、以下のものがある。
(1)公判期日もしくは公判準備につき出頭させ、または公判期日もしくは公判準備において取り調べた証人等に支給すべき旅費、日当および宿泊料
(2)公判期日または公判準備において鑑定、通訳または翻訳をさせた鑑定人、通訳人または翻訳人に支給すべき鑑定料、通訳料または翻訳料および支払い、または償還すべき費用
(3)刑事訴訟法第38条2項の規定により弁護人に支給すべき旅費、日当、宿泊料および報酬(以上、刑事訴訟費用等に関する法律2条。なお、他の法令に定めるものもある=同法1条)
 刑の言渡しをしたときは、貧困のため訴訟費用を納付することができないことが明らかであるときを除き、被告人に訴訟費用の全部または一部を負担させなければならない(刑事訴訟法181条)。共犯の訴訟費用は、共犯人に連帯して負担させることができる(同法182条)。被告人が無罪または免訴の裁判を受けた場合、告訴人、告発人または請求人に故意または重大な過失があったときは、その者に訴訟費用を負担させることができる(同法183条1項)。検察官以外の者が上訴等を取り下げたときは、その者に上訴、再審または正式裁判に関する費用を負担させることができる(同法184条)。訴訟費用を負担させるには職権でその裁判をしなければならない。この裁判に対しては場合により、不服申立てまたは即時抗告が認められる(同法185条、186条)。負担額の算定を執行の指揮をすべき検察官がする場合がある(同法188条)。また、貧困を理由とする訴訟費用執行免除の申立ての制度がある(同法500条)。
 以上は、すべて公訴提起があったときの訴訟費用の負担に関する規定であるが、2004年(平成16)の刑事訴訟法改正により、不起訴となった事件についての訴訟費用の負担に関する規定が整備された。公訴が提起されなかった場合において、被疑者段階の国選弁護費用は、原則として被疑者に負担させることはないが、被疑者の責めに帰すべき事由により生じた費用があるときは、これを被疑者に負担させることができる(181条4項)。また、公訴が提起されなかった場合において、告訴人、告発人などに故意または重大な過失があったときは、これらの者に訴訟費用を負担させることができる(183条2項)。[内田一郎・田口守一]

民事訴訟における訴訟費用

訴訟の遂行・審判のために直接必要なものとして当事者および裁判所が支出した費用のうち法定範囲のものをいう。国家は民事訴訟制度を設けているのであって、その機構自体の経費、たとえば裁判所の人件費や営繕費などは国家の予算でまかなっているが、個々の訴訟遂行に必要な費用は、これをその訴訟の当事者その他の関係人に負担させることとしている。そこで訴訟費用とは、当事者が個々の訴訟遂行に直接必要な当該訴訟手続に関して生じた費用のことであり、民事訴訟法上では、「民事訴訟費用等に関する法律」(昭和46年法律第40号)第2条が定めているものが訴訟費用となり、その額も同条の定めによる。
 訴訟費用は裁判費用と当事者費用に分類できる。裁判費用とは、当事者が訴訟遂行するについて裁判所に納付しなければならない費額で、たとえば、申立ての手数料、送達・公告・証拠調べの費用などである。当事者費用とは、当事者自身が訴訟遂行について裁判所に納付することなく、自ら支出しなければならない費用である。たとえば、訴状その他の訴訟書類の作成費用、当事者が口頭弁論期日に出頭するために必要な旅費、日当、宿泊料などである。当事者費用は裁判費用とは異なり、訴訟上の救助を受けた者でも、自ら支出しなければならない。なお、当事者が訴訟遂行のために依頼した弁護士に対する費用は、訴訟費用に入らないとするのが通説である。しかし、弁護士報酬も訴訟費用に含ませるべき、との主張も強い。訴訟費用は、原則として敗訴の当事者が負担することとなっている(民事訴訟法61条、例外62条以下)。[内田武吉・加藤哲夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

そしょう‐ひよう【訴訟費用】
〘名〙 裁判所および当事者が、訴訟をする上に支出した費用で、法律に定められた一定の範囲のもの。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

訴訟費用」の用語解説はコトバンクが提供しています。

訴訟費用の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation