@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

訶梨勒【カリロク】

デジタル大辞泉

かりろく【××勒】
《〈haritakī
インドなどに産するシクンシ科の高木。高さ30メートルに達し、葉は長楕円形。枝先に白い花が群がって咲く。果実を風邪・便通などの薬にし、材は器具用にする。
室町時代象牙・石などでカリロクの形を作り、美しい袋に入れ、に掛けた飾り物

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かりろく【訶梨勒】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

かりろく【訶梨勒】
〘名〙 (harītakī の音写)
① シクンシ科の落葉高木。中国、インドシナ半島、マレー半島に産し、日本へは八世紀ごろ僧、鑑真が伝えたといわれる。高さは三〇メートルに達し、葉は約一〇センチメートルの長楕円形で対生。花は白色。果実は褐色の卵円形で、通便、咳止め薬になり、果汁からはミロバランという黄色染料をとる。材は器具用。
※正倉院文書‐天平勝宝八年(756)六月二一日・東大寺献薬帳「呵梨勒一千枚」
※随筆・貞丈雑記(1784頃)六「出陣の時かりろくを呑むと云ふ事旧記にあり。是は訶黎勒丸(かりろくぐゎん)と云ふ薬也」
③ 室町時代の柱飾り。①の実をかたどった長さ二〇センチメートルほどの石・銅・象牙製のもので、美しい袋などに入れて座敷に下げて飾りとした。①の実が薬用となるため、邪気ばらいとして柱にかけたのが始まり。〔俚言集覧(1797頃)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

訶梨勒」の用語解説はコトバンクが提供しています。

訶梨勒の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation