@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

証券投資信託【しょうけんとうししんたく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

証券投資信託
しょうけんとうししんたく
securities investment trust
有価証券投資の専門家が不特定多数の小口の投資家から資金を集めて,これを株式や公社債に分散投資し,その運用収益を投資家に還元するもの。1868年イギリスで創設され,アメリカ合衆国で本格的に発展した。アメリカとイギリスに存在する投資信託を,機構から大別すれば,契約型投資信託会社型投資信託の 2種類,管理運営面から大別すれば,クローズド=エンド型とオープン=エンド型の 2種類となる。契約型は,委託者(運用者),受託者(信託銀行),受益者(投資家)の 3者の信託契約によって構成されるものであり,会社型は,投資信託自体が株式会社で,投資家は株主となるもの。クローズド=エンド型は,解約・買い戻しに応じないもの(換金は証券市場での売却による)であり,オープン=エンド型は,解約・買い戻しに応じるもので,今日では後者が主流となっている。会社型クローズド=エンド型の典型はイギリスのインベストメント・トラストで,会社型オープン=エンド型の典型はアメリカのミューチュアル・ファンド。また,契約型オープン=エンド型にはイギリスのユニット・トラストや日本の投資信託がある。日本の投資信託には会社型はなく,すべて契約型である。日本では 1941年に投資信託が創設され,1951年の証券投資信託法の成立以降,本格的に発展した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しょうけんとうししんたく【証券投資信託】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しょうけんとうししんたく【証券投資信託】
不特定多数の投資者から集めた小口資金をまとめ、運用の専門家が各種の有価証券に分散投資し、この運用収益を出資額に応じて還元する制度。 → 投資信託

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しょうけんとうし‐しんたく【証券投資信託】
〘名〙 一般投資者から集めた資金を、専門家が株式や公社債などの有価証券に投資・運用し、投資者に利益を分配する制度。昭和二六年(一九五一)に制定された証券投資信託法に準拠する。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

証券投資信託」の用語解説はコトバンクが提供しています。

証券投資信託の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation