@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

証憑【しょうひょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

証憑
しょうひょう
voucher
取引の成立立証する書類。外部取引の当事者間で授受される書類ばかりではなく,内部取引の事実証拠となる書類をも含む。さらに後日に取引成立の立証として役立つのみではなく,取引の原始的記録で記録,計算の基礎資料となるところから,会計記録の正確性,真実性を証明する書類でもある。種類はきわめて多く事業形態によりその名称もさまざまであるが,外部取引で作成,使用される書類としては,注文書,商品受領書,送り状,契約書,領収書小切手および小切手控,借用証書などがあり,また内部取引の証拠書類としては,製造指図書,出荷指図書,物品請求書,資材入庫・出庫伝票などがある。これらは伝票ならびに帳簿への記録のための基礎資料となり,各部門への取引伝達手段として用いられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しょう‐ひょう【証×憑】
事実を証明する根拠となるもの。証拠。
裁判所捜査機関刑罰を判断するのに必要な一切の資料。証拠物件だけでなく、証人参考人なども含む。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しょう‐ひょう【証憑】
〘名〙
① 事実を証明する根拠。証拠。
※西洋聞見録(1869‐71)〈村田文夫〉後「悉く官印を用ゐて証憑となすを以て」
② 犯罪の成否、態様などに関係があると認められる一切の資料。証拠。
※東京日日新聞‐明治一六年(1883)九月三日「判決〈略〉政府を顛覆することを目的とし、内乱の陰謀をなしたるものと判定す。其証憑は左に是を明示す」
③ 企業内で生起する取引を裏付ける証拠書類。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

証憑」の用語解説はコトバンクが提供しています。

証憑の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation