@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

証書貸付【しょうしょかしつけ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

証書貸付
しょうしょかしつけ
loans on deeds
金融機関が融資するにあたって,借主から貸付金額,弁済期日,利率,担保物件などの貸付条件を表示した借用証書 (金銭消費貸付契約証書) を差入れさせて行う貸付。主として設備資金,長期運転資金などの貸付に利用される。消費者ローンも通常この形態をとる。貸付期間が長期にわたる関係から,当初に最終弁済期日,分割弁済の時期と金額,利率および利息の支払期日など詳細に取決められ,通常は不動産を担保に取るのが原則となっている。 (→手形貸付 )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しょうしょ‐かしつけ【証書貸付】
借主に借用証書を差し入れさせて行う貸付。長期の担保付貸付などの場合に行われる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

しょうしょかしつけ【証書貸付】
相手方から借用証書をとって融資すること。通例、長期の担保付きの貸し付け。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

証書貸付
しょうしょかしつけ
金融機関が融資を行う場合、金額、金利、期限、返済方法などを記した証書を徴求する貸付方式のこと。法的性質は金銭消費貸借契約である。主として長期資金の貸付に利用され、回収が長期にわたるため不動産や財団等を担保とすることが多い。銀行で用いられる証書は、1977年(昭和52)に全国銀行協会連合会(1999年、全国銀行協会となる)で作成された書式例中の「金銭消費貸借契約証書」や「金銭消費貸借および抵当権設定契約証書」に基づくものが一般的である。[井上 裕]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しょうしょ‐かしつけ【証書貸付】
〘名〙 銀行などの貸し手が借り手に借用証書を差し入れさせてする貸付。主に長期資金の貸付に用いられる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

証書貸付」の用語解説はコトバンクが提供しています。

証書貸付の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation