@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

詔書【ショウショ】

デジタル大辞泉

しょう‐しょ〔セウ‐〕【詔書】
天皇が発する公文書。日本国憲法下では、国会召集衆議院解散総選挙施行公示など、天皇国事行為の形式として用いられている。
律令制で、天皇の詔(みことのり)を記した文書。改元などの臨時の大事の際に発せられた。→宣命(せんみょう)勅旨勅書

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しょうしょ【詔書】
天皇が発する公文書で,国民に公示されるもの。大日本帝国憲法時代の〈国葬を賜ふ勅書〉のように,特定の人に対するものであって公示されない勅書と並ぶ詔勅の一種。帝国憲法の下では,立太子の詔書のように皇室典範皇室令に基づき発せられる〈皇室の大事を宣誥(せんこう)〉する詔書(宮務詔書)と,宣戦の詔書のように憲法・法律などに基づき発せられる〈大権の施行に関する勅旨を宣誥〉する詔書(政務詔書)の2種があった(公式令1条)。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しょうしょ【詔書】
天皇の命令を伝える公文書。現行法では、国事行為について天皇が発する公文書。国会の召集、衆議院の解散、総選挙の施行の公示などは詔書で行われる。
律令制で、臨時の大事に際して発せられた、天皇の言葉を書いて下した文書。和文体と漢文体とがあり、和文体のものを宣命せんみようという。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

詔書
しょうしょ
天皇が発給する最高の文書。古代の律令(りつりょう)体制のもとで公式令(くしきりょう)にその規定がみえるが、近代では1907年(明治40)2月制定の公式令によって書式、発布手続が規定された。それによれば、詔書は皇室の大事を宣布し、践祚(せんそ)、即位、宣戦、講和、帝国議会召集、衆議院解散など天皇大権の施行に関する勅旨を国民に宣布するものとされている。形式は、天皇が親署し御璽(ぎょじ)を捺印(なついん)、皇室関係のものは宮内(くない)大臣が年月日を記入し、総理大臣とともに副署する。大権施行に関するものは総理大臣が年月日を記入し、他の国務大臣とともに副署する。第二次世界大戦後の日本国憲法のもとでは全面的に廃止され、ただ国会召集、衆議院解散など、天皇の国事行為の範囲に限って詔書の形式が用いられている。[時野谷勝]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しょう‐しょ セウ‥【詔書】
〘名〙
① 天子の詔(みことのり)を記した文書。令制では、和文体と漢文体のものがあり、和文体のものは特に宣命とよばれる。
※令義解(718)公式「詔書式〈謂。詔書勅旨。同是綸言〈略〉〉」
※太平記(14C後)一二「勅使安楽寺に下りて、詔書(セウショ)を読み上げける時」 〔史記‐孝文本紀〕
② 天皇の意思を明示した公文書で、一般に公示されるもの。天皇の国事行為のうち、国会の召集、衆議院の解散、国会議員の総選挙の施行の公示など。
※公式令(明治四〇年)(1907)一条「皇室の大事を宣誥し及大権の施行に関する勅旨を宣誥するは別段の形式に依るものを除くの外詔書を以てす」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

詔書」の用語解説はコトバンクが提供しています。

詔書の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation