@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

評判記【ひょうばんき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

評判記
ひょうばんき
遊女の判や芸能,文芸などの評判を記した江戸時代の書。遊郭の案内や遊女の評判を書いた遊女評判記古く,これにならって役者評判記が起った。明暦2 (1656) 年の『役者の噂』が最初といわれるが,天和 (81~84) 頃までは野郎評判記時代で,その容色品評していた。貞享年間 (84~88) から技芸の評と位付 (くらいづけ) が始り,元禄 12 (99) 年の『役者口三味線』によって形式が一定した。以来,慶応2 (1866) 年まで四百数十部が刊行された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ひょうばん‐き〔ヒヤウバン‐〕【評判記】
ある物事うわさ世評を書いた書物。江戸時代、明暦(1655~1658)ごろから遊女評判記が流行し、それにならって役者評判記などが成立

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ひょうばんき【評判記】
江戸時代に出版された遊女や歌舞伎役者の品評を記した書。遊女のそれは〈遊女評判記〉,役者のそれは〈役者評判記〉と呼ばれる。現存する遊女評判記の最古の作品は1655年(明暦1)刊の京都島原の《桃源集(とうげんしゆう)》,役者評判記の最古の作品は1659年(万治2)京都刊の《野郎虫(やろうむし)》。遊女評判記は遊女の容貌や技芸を記すが,役者評判記はさらに段階的評価たる〈位付(くらいづけ)〉を記している。また,これらに模倣して人物,諸芸などの評判記も作られた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ひょうばんき【評判記】
ある物事の世評・うわさなどを記した書物。
近世に行われた、あるジャンルに関する品評を集めた刊行物。役者評判記・遊女評判記など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

評判記
ひょうばんき
江戸時代、いろいろな事物を評判した書物。古くは1624年(寛永1)刊の『つゆ殿物語』『四十二のみめあらそひ』などの遊女や遊里の紹介、批評を載せた遊女評判記に始まる。これに倣って『役者の噂(うわさ)』(1656)、『野郎虫(やろうむし)』(1659)、『剥野老(むきところ)』(1662)といった役者評判記が刊行され、初めは容姿本位の評判であったのが、八文字屋(はちもんじや)の参画により『役者口三味線(くちじゃみせん)』(1699)からは技芸本位の評判が定着するようになった。以来明治に至るまで200年の長きにわたり毎年、基本型は半紙半截(はんせつ)の横本3冊に、京、江戸、大坂三都の評判を収め、正月と3月の年2回定期的に刊行され続けた。いわば、史上最長の定期刊行物といえ、当時の人々にとってなじみの深い実用書であった。それだけに、バリエーションを生み出しやすく、江戸後期には実用の域を離れ、戯作(げさく)の一趣向として採用されて、談義本評判記『千石篩(せんごくどおし)』(1754)を皮切りに黄表紙評判記『菊寿草』(1781)、『岡目八目(おかめはちもく)』(1782)、『江戸土産(みやげ)』(1784)、洒落本(しゃれぼん)評判記『戯作評判花折紙(けさくひょうばんはなのおりがみ)』(1802)といった戯作(げさく)評判記をはじめとして『三都学士評林』などの学者評判記、狂歌師評判『評判筆果報』(1785)、読本(よみほん)の評判記『犬夷(けんい)評判記』(1818)など人物、諸文芸、名物評判記が続々と刊行されることとなった。[中野三敏]
『中野三敏編『江戸名物評判記集成』(1987・岩波書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ひょうばん‐き ヒャウバン‥【評判記】
〘名〙
① 物事の評判をかいた書物。
② 江戸時代の遊里案内や遊女の容姿について記した遊女評判記と、歌舞伎役者の容姿や技芸を紹介、批評した役者評判記とをさすが、江戸後期には、広く各種文芸の批評などをもいう名称としても用いられた。
[語誌](1)江戸時代の全期を通じて刊行されているが、その最初は寛永年間(一六二四‐四四)の遊女評判記で、万治年間(一六五八‐六一)に入って、その影響によると見られる歌舞伎若衆の容色に関する野郎評判記も刊行された。
(2)これに対して貞享年間(一六八四‐八八)に役者の技芸を批評する評判記が成立し、元祿一二年(一六九九)の八文字屋刊「役者口三味線」以後、黒表紙小型横本で、京・江戸・大坂各一巻の三巻三冊の構成、役者の評判には上上吉・上上等の位付けを付した型が定型となった。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

評判記」の用語解説はコトバンクが提供しています。

評判記の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation