@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

詠歌大概【えいがたいがい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

詠歌大概
えいがたいがい
鎌倉時代中期の歌論書。藤原定家著。1冊。一説に貞応2 (1223) 年頃成立という。簡潔な漢文体で,作歌に際しての基本的な心得を記し,「秀歌之体大略」と名づける秀歌例 103首を掲げる。新鮮な着想を捜し求めて,これを古典的な用語で表現すべきこと,本歌取り (ほんかどり) の具体的方法,三代集や『伊勢物語』『三十六人集』などの古典を見習うべきこと,などを説く。後世尊重され,多くの注釈書が生れた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

えいがたいがい【詠歌大概】
鎌倉時代の歌論書。1巻。藤原定家著。建保年間(1213~1219)または貞応年間(1222~1224)に成立か。和歌の本質論・方法論などを漢文で述べたもの。定家の歌論中、最も重んじられた。詠歌大概

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

詠歌大概
えいがのたいがい

鎌倉初期の歌論書。藤原定家(ていか)著。頓阿(とんあ)の『井蛙抄(せいあしょう)』での引用によると、後鳥羽院(ごとばいん)の皇子梶井宮(かじいのみや)尊快法親王に献進したものと考えられ、1221年(承久3)の承久(じょうきゅう)の乱後の成立と推定される。漢文体(後人の仮名文としたものもある)の、作歌の原理と方法とについて説いた部分が主で、「詞(ことば)」「風体(ふうてい)」「景気(けいき)」に分けて、それぞれ古典の学び方を示している点は本書独自の内容である。それに「秀歌体大略(しゅうかのていのたいりゃく)」と題する83首の八代集抄出歌が付載され、「風体」の優れた例を示す。内容上近似するものに『近代秀歌』改撰(かいせん)本がある。

[藤平春男]

『久松潜一他校注『日本古典文学大系65 歌論集・能楽論集』(1961・岩波書店)』『藤平春男他校注・訳『日本古典文学全集50 歌論集』(1975・小学館)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

詠歌大概」の用語解説はコトバンクが提供しています。

詠歌大概の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation