@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

詩的リアリズム【してきリアリズム】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

詩的リアリズム
してきリアリズム
poetischer Realismus
1840年代のドイツに興った文学的傾向。のちの自然主義と違って,ある理念をもって多様な現実をとらえ「高められた現実」の定着を目指したもの。名称は O.ルートウィヒ論文に由来する。ドロステ=ヒュルスホフ,G.ケラー,C.F.マイアー,シュティフター,シュトルムらがこの派に属し,当時のドイツ文壇で中心的位置を占めた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

してきりありずむ【詩的リアリズム】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

詩的リアリズム
してきりありずむ
ralism potique
1930年代後半のフランス映画のスタイルをさす用語。第二次世界大戦前夜の不安定な世相と時代の鬱屈(うっくつ)した気分を反映した、繊細で叙情的な描写、厭世(えんせい)的だがロマンティックな物語、スタジオでのセット撮影などを特徴とする。国際的に高く評価され、興行的成功を収めた。ジャック・フェデーの『外人部隊』(1934)、ジュリアン・デュビビエの『望郷』(1937)、マルセル・カルネの『霧の波止場』(1938)などが代表的な作品で、『大いなる幻影』(1937)や、『ゲームの規則』(1939)といったジャン・ルノアールの作品を含めることもある。時代は下るが、カルネの『天井桟敷(さじき)の人々』(1945)が詩的リアリズムの集大成であり最後の作品とされている。詩的リアリズムを牽引(けんいん)した脚本家としては、フェデーやデュビビエと組んだシャルル・スパークCharles Spaak(1903―1975)と、カルネとのコンビで知られる詩人ジャック・プレベールが有名で、俳優ではジャン・ギャバンが代表的である。[伊津野知多]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

詩的リアリズム」の用語解説はコトバンクが提供しています。

詩的リアリズムの関連情報

関連キーワード

アヘン戦争シュティフターレールモントフアヘン戦争アヘン戦争ウィレム[1世]勧進帳シューマン雪華図説レールモントフ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation