@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【チュウ】

デジタル大辞泉

ちゅう【×誅】
罪あるを討伐すること。罪人を殺すこと。「に付する」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちゅう【誅】[漢字項目]
[音]チュウ(
罪をとがめて殺す。「誅殺誅伐天誅
厳しく責めたてる。「誅求筆誅

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちゅう【誅】
〘名〙 罪のある者を征伐すること。罪人を殺すこと。仕置。
※続日本紀‐天平元年(729)二月甲戌「長屋王者依犯伏誅」 〔戦国策‐秦策・昭襄王〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちゅう‐・する【誅】
〘他サ変〙 ちゅう・す 〘他サ変〙
① 罪のある者を殺す。罪人を死刑に処する。成敗する。
※家伝(760頃)上「以某月日、遂誅山背大兄於斑鳩之寺
※保元(1220頃か)中「殊に為朝とやらんは〈略〉寄怪の者なり。からめ取って誅すべし」
② 攻め討つ。攻めほろぼす。
※将門記(940)「又、貞盛、既に多年の険難を歴て、今、兇怒の類を誅するは、尤も貞盛の励みの致す所なり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちゅう‐・す【誅】
〘他サ変〙 ⇒ちゅうする(誅)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

誅の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation