@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

誘導法【ゆうどうほう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

誘導法
ゆうどうほう
会計帳簿の記録を棚卸評価によって整理修正し,収益および費用項目を選択集計して損益計算書を作成させ,残余の資産,負債および資本項目を集合して貸借対照表を調整する方法。2005年改正前商法33条は従来,貸借対照表の作成につき財産目録を中心とする実地棚卸によること(棚卸法)を要求していた。これは企業経営の見地および近代会計学の正規の簿記の原則理論からみて合理的でなかったので,1974年改正商法により誘導法に改められた。(→損益法

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ゆうどうほう【誘導法】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

誘導法」の用語解説はコトバンクが提供しています。

誘導法の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation