@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

誘拐罪【ゆうかいざい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

誘拐罪
ゆうかいざい
未成年者または成年者を,営利,猥褻 (わいせつ) ,結婚,身代金要求,国外人身売買などの目的で,誘拐する罪 (刑法 224~229) 。誘拐された者の自由と安全もさることながら,その保護者,近親者に与える,はかりしれない精神的苦痛の点からいっても,悪質な犯罪に属する。誘拐は,偽計誘惑などの手段による。誘拐された者を従前の生活環境から引離して,自己または第三者の事実的支配のもとにおくことで既遂となる。なお刑法 225条ノ2に規定する身代金目的の誘拐罪は,1964年当時急増した同種事犯に対処するため,新たに立法された。 (→略取罪 )  

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ゆうかいざい【誘拐罪】
刑法典の第2編第33章において〈略取及び誘拐の罪〉として略取罪とともに規定されている罪。両者をあわせて略取誘拐罪とも呼ぶ。これらの罪は,他人をその意思に反して自己または第三者の支配下に移して,その移動の自由を制限することを,その本質とする。略取とは暴行または脅迫を手段とする場合であるのに対して,誘拐とは欺罔(ぎもう)または誘惑を手段とする場合である。また,逮捕監禁罪の場合は移動の自由の制限が強度であるが,誘拐罪の場合はその制限の程度が弱いとされるが,誘拐罪の法定刑が一般に高いことから,誘拐罪は被害者の生命,身体が危険となる場合にのみ成立するとされる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

ゆうかい‐ざい イウカイ‥【誘拐罪】
〘名〙 人をだまして誘い出し、他所に連れ去ることによって、成立する罪の総称。未成年者の誘拐罪、営利誘拐罪、身代金誘拐罪など。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ゆうかい‐ざい〔イウカイ‐〕【誘拐罪】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

誘拐罪
ゆうかいざい

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

誘拐罪」の用語解説はコトバンクが提供しています。

誘拐罪の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation