@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

誘電体バリア放電【ゆうでんたいばりあほうでん】

日本大百科全書(ニッポニカ)

誘電体バリア放電
ゆうでんたいばりあほうでん
気体中の放電の一形式。絶縁体である誘電体を介して気体に交流電圧を印加(加えること)し、気体中に放電をおこしてオゾンを発生させたり、紫外線を発生させたりするタイプの放電。最初の使用目的によりオゾナイザ放電とよばれたが、用途が広くなったため誘電体バリア放電、あるいは単にバリア放電とよばれることが多い。放電機構的には火花放電に類似しているにもかかわらず音を発しないため無声放電ともいわれる。電極間の電圧を放電開始電圧以上にすると放電が始まるが、絶縁体上に一定の電荷がたまると放電が止まる。しかし電極間に逆の電圧がかかると、絶縁体上にたまった電荷が放出される放電がおきる。
 酸素中または空気中で放電させるとオゾンが発生するためオゾナイザ(オゾン発生器)になる。キセノンガス中で放電させるとキセノンが波長157ナノメートル(1ナノメートルは10億分の1メートル)や173ナノメートル付近の紫外線を発し、この紫外線を蛍光体で可視光に変換すると温度変化による光出力が少ない長寿命の蛍光ランプになるため、複写機やファクシミリの読み取り用の光源として使われる。プラズマディスプレーは多数の微小な空間でキセノンガス中の放電をおこさせ、キセノンが発する紫外線を蛍光体で赤、緑、青などの光に変換している。また種々のガス中で放電させることにより分子の分解や合成などの化学反応をおこさせることもできる。[東 忠利]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

誘電体バリア放電」の用語解説はコトバンクが提供しています。

誘電体バリア放電の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation