@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

誘電損失【ゆうでんそんしつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

誘電損失
ゆうでんそんしつ
dielectric loss
誘電損ともいう。誘電体に交流電場を加えたとき,誘電体の中で電気エネルギーエネルギーとして失われる現象。水など永久双極子をもつ誘電体で著しい。高周波領域で大きくなり,コンデンサ損失をもたらし,共振回路のQ値が低くなる。逆に,電子レンジなど高周波加熱に応用される。双極子が交流電場で交互に向きを変えようとするが,粘性抵抗により遅れを生じ (→誘電余効 ) ,熱エネルギー損失となる。誘電体の両端電極に加わる交流電圧 E と電流 I との関係は図に示すとおりで,E と同相の Ir 成分が現れるから,I は電極間の静電容量による電流 I0 のように完全に 90°まで進まずδだけ遅れる。損失は EIrEI0 tan δ となり, tan δ に比例する。δを誘電体の損失角, tan δ を損失係数という。強誘電体ではヒステリシス損失も起る。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ゆうでん‐そんしつ〔イウデン‐〕【誘電損失】
誘電体に電界を作用させると、そのエネルギーの一部が誘電体内部の分子熱運動のエネルギーに変わり、熱として失われること。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ゆうでんそんしつ【誘電損失 dielectric loss】
誘電損ともいう。誘電体に交流電圧を加えたとき,エネルギーの一部が熱になって散逸する現象。理想的なコンデンサーでは電流と電圧の位相差は90度で,エネルギーの散逸はないはずである。空気コンデンサーは理想コンデンサーに近い。しかし,固体または液体の誘電体を用いたコンデンサーの場合は,一般に誘電損失が生ずる。これは,誘電体の電気分極が外部電場の変化に追従できず時間的に遅れること(誘電余効)や,電子伝導イオン伝導による電気伝導,あるいは有極性分子の配向緩和などによって電束密度が電場に対して位相の遅れをもち,電流と電圧の位相差が90度からずれるためである。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

誘電損失
ゆうでんそんしつ
dielectric loss

誘電体に外部から交流電界をかけるとき、電界によって供給された電気エネルギーのうち、一部分が熱エネルギーとして誘電体の中で消費される。このことを誘電損失という。またこのときの消費エネルギーのことをも誘電損失という。一般には誘電体でD=εε0E(Dは電束密度、Eは電界、εは比誘電率、ε0は真空の比誘電率)が成立する。電界Eが交流のとき、これを複素数で表すと、誘電率εは、誘電損失がない場合には実数であるが、誘電損失があると複素数=ε′-jε″となる。ここで、実数部ε′は普通の誘電率を、虚数部ε″は誘電損失を示す。誘電損失はtanδ=ε″/ε′ででも表され、δは損失角といわれる。誘電損失は、誘電体の電束密度Dが電界Eにただちには追従できなくて、Dの位相がEの位相よりδだけ遅れることによっておこる。誘電材料の誘電損失は普通は小さいほど望ましい。しかし逆に誘電損失を利用する技術もある。電子レンジ、誘電乾燥機などがこれである。

[沢田正三]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ゆうでん‐そんしつ イウデン‥【誘電損失】
〘名〙 誘電体に交流電場をかけたとき、エネルギーが熱になって失われる現象。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

誘電損失
ユウデンソンシツ
dielectric loss

[別用語参照]複素誘電率

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

誘電損失」の用語解説はコトバンクが提供しています。

誘電損失の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation