@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

誘電率【ゆうでんりつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

誘電率
ゆうでんりつ
dielectric constant
電媒定数ともいう。物質の電気的性質を表す定数。記号にはεがよく使われる。電束密度 D電場 E との関係は D=εE である。分極の難易度を表す電気感受率 χeとの間には SI単位で ε=(1+χe0(ε0は真空の誘電率)の関係がある。実用上は比誘電率 keが用いられるので,普通はこれを誘電率と呼ぶことが多い。SI単位では ke=ε/ε0,ガウス単位系では ke=εである。コンデンサの両極の間に誘電体を入れた場合の容量 C と入れない場合の容量 C0との関係は CkeC0。真空に対しては χe=0 であるから ke は 1である。空気の keはほとんど 1であるが酸化チタン磁器では非常に大きく ke=102~104 にもなる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ゆうでん‐りつ〔イウデン‐〕【誘電率】
誘電体で誘電分極が生じる程度を表す、誘電体に固有の定数。電束密度電界の強さとの電媒定数

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

誘電率
 電束密度を電場の強さで割った値.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ゆうでんりつ【誘電率】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ゆうでんりつ【誘電率】
誘電体で誘電分極が生じる程度を表す物質定数。電束密度と電場の強さとの比。電媒定数。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

誘電率
ゆうでんりつ
dielectric constant
普通の誘電体すなわち常誘電体では、電束密度Dは電界ED=εε0Eのように比例し、比例係数εε0が絶対誘電率である。ここでε0は真空の誘電率であり、εはこの誘電体の絶対誘電率ε0を基準として示すところの比誘電率であるが、普通εのことを単に誘電率ということが多い。特殊の誘電体であるところの強誘電体(結晶に限る)においては、DEとの関係は履歴曲線で表される複雑なものであるから、誘電率εはεε0=dD/dE(dは微分記号)という微分係数で定義される。かつこの微分は履歴曲線上のどの位置で行われるかが明記されなければならない。普通はE=0での誘電率すなわち初誘電率のことを単に誘電率という。
 電束密度D、電界Eはいずれもベクトルであるから、誘電率εは、結晶誘電体では2階の対称テンソルであり、等方性誘電体ではスカラーである。気体のεは終始一にきわめて近い。液体のεはほとんど10以下であって、水のεの61.5は異例である。常誘電性結晶で100程度以上のεを示すものは強誘電体に近い物質である。
 強誘電体のεは、一般に大きく、とくに絶対温度Tがキュリー点Tcに近づくと、一般には、ε=C/(T-T0)(Cはキュリー定数、T0はTcに等しいかまたは近い定数)に従って著しく大きい値をとる。強誘電体の一般に大きな誘電率は、小型で大きな電気容量をもつコンデンサーをつくるのに広く利用されている。誘電体の誘電率は周波数に依存する。この現象は誘電分散といわれ、誘電損失に伴っておこる。[沢田正三]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ゆうでん‐りつ イウデン‥【誘電率】
〘名〙 誘電分極が生じる程度を表わす、誘電体に固有の定数。電気変位と電界の強さの比。esu単位では真空の誘電率を1とする。MKS有理単位系では、真空の誘電率を 107/4πC2 (C: 光速)とする。電媒定数。〔電気工学ポケットブック(1928)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

誘電率
ユウデンリツ
permittivity, dielectric constant

物質のなかの電気変位(電束密度)Dと電場Eとを結びつける物質定数で,

D = εE
の関係にあるεをいう.電場によって物質にどのくらいの電気分極が誘導されるのかの目安になる量.真空の誘電率ε0 に対するある物質の誘電率εを,その物質の比誘電率 εr という.

εr = ε/ε0
コンデンサーの電極板の間に絶縁体を入れると電気容量が増えるが,比誘電率 εr の絶縁体を入れることによって,電気容量は真空の場合の εr 倍になる.通常は,この方法によって εr の値が決められる.εr の値の例:水78.54(25 ℃),ベンゼン2.284(20 ℃).

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

誘電率」の用語解説はコトバンクが提供しています。

誘電率の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation