@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

説教【せっきょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

説教
せっきょう
praedicatio; preaching
聖書が証言する福音を生きた真理として語る行為キリスト教教理および信者の生活へと人々を教え導くもの。初代教会ではすでに聖餐とともに礼拝の重要な要素であった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

説教
せっきょう
説経,説法ともいう。法会の際,法師経典をやさしく説くこと。専門化された民衆教化僧は唱導師,説教師と呼ばれ,江戸時代には音楽に合せた説経節なども現れた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

せっ‐きょう〔‐ケウ〕【説教】
[名](スル)
宗教の教義・教典を、信者などに、口頭で説き明かすこと。また、その話。「牧師が礼拝で説教する」
教え導くために言い聞かせること。また、堅苦しい教訓をいう語。「親に説教される」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せっきょう【説教 preaching】
一般に宗教集会において,その教えを信徒および未信徒に説く言葉。仏教では,説法,唱導,説経など諸種の呼び名がある。今日,説教をその布教の最も重要な手段として重視するのは,プロテスタント教会である。古来キリスト教会では,集会(礼拝)において,聖書朗読と,その聖書の言葉の意味を会衆に説き明かして聞かせる説教とが重視されてきた。カトリック教会東方正教会では,説教の重要性が薄れ,これを再び強調したのが宗教改革である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

せっきょう【説教】
スル
教訓をたれること。また、かた苦しい話や小言を言うこと。 またおやじに-された お-はもうたくさんだ
経典や教義をわかりやすく説き、人々を教え導くこと。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

説教
せっきょう
preachingsermon英語
prdicationsermonフランス語
Predigtドイツ語
宗教を構成する基本的要素として思想、儀礼、教団などがあげられるが、説教はその宗教思想を口頭で伝達するたいせつな手段として、多くの歴史宗教や世界宗教で、聖職者や教団人のもっとも重要視するところとなっている。
 とくに、宗教儀礼が信者の感覚的、情緒的側面を満足させる働きを担っているのに対して、説教は、信者に対しその宗教のもつ思想内容を伝達することで知的な側面を充足させる、という役割を果たしているといえる。説教と同等の役割をもつものとして、文書による伝達があるが、口頭による説教はより直接的に信者に訴えることができるという意味で、宗教伝道には不可欠の手段となっている。仏教においては、説経、説法、説戒、談義、法談、勧化、法座、等々とよばれてきた。日本仏教における説教は文献上では、598年(推古天皇6)の聖徳太子の勝鬘経(しょうまんぎょう)についての講経に始まるという。その後、中世になると、単に教説を説いたり経典の内容を説明するという説教、いわば法話とは別に、音楽性や芸能性を帯びた説教が出現してきた。安居院(あんごいん)流、三井寺(みいでら)流とよばれ、その後の日本伝統芸能の基礎ともなったとされている。
 キリスト教においては、ユダヤ教の伝統を引き継ぎ、すでにその発祥当初から説教は、聖餐(せいさん)とともに重要なものとなっていた。とくに宗教改革をもたらしたプロテスタントは、外面的、形式的な儀礼中心の信仰を否定し、内面的、合理的な信仰を強調したため、説教をとりわけ重要視することになった。そのため、キリスト教では、他宗教以上に説教が体系的に研究・整理されることになった。キリスト教では、説教の目的、内容、形態によって、伝道説教、講解説教、主題説教、教理的説教、倫理的説教、弁証論的説教、日課説教、自由説教などに分けられている。[星野英紀]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せっ‐きょう ‥ケウ【説教】
〘名〙
① 神仏の教えを説き聞かせること。宗教の趣旨を説き聞かせること。また、その話。説経。
※正法眼蔵(1231‐53)十方「おほよそ一代の説教に、すべてみえざるところは、諸仏のあひ是非する仏語なり」
※基督信徒の慰(1893)〈内村鑑三〉一「理学も歴史も哲学も皆希望を説教しつつあるに何ぞ汝独り失望教を信ずるや」
② 道理を語りきかせること。訓戒すること。また、多く「おせっきょう」の形で、かた苦しい話や意見めいた話をあざけっていう語。
※満韓ところどころ(1909)〈夏目漱石〉二九「折角誘って呉れるものを、そんな挨拶をする法はないぜと、又長い説教(セッケウ)が始まりさうで」 〔漢書‐梁丘賀伝〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

説教」の用語解説はコトバンクが提供しています。

説教の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation