@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

説経浄瑠璃【せっきょうじょうるり】

大辞林 第三版

せっきょうじょうるり【説経浄瑠璃】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せっきょう‐じょうるり セッキャウジャウルリ【説経浄瑠璃】
〘名〙
① 語り物の一種。仏教の説経が歌謡化し和讚・平曲・謡曲などの影響を受けて、江戸初期に流行した民衆芸能。始めは大道芸で鉦(しょう)を叩きながら語られたが、次第に簓(ささら)・胡弓・三味線をとりいれ、操り人形劇とも提携して興行化された。全盛期は万治・寛文(一六五八‐七三)のころで、義太夫節の発生とともに衰微。その曲節は単調・哀感を特徴とし、代表的作品には「かるかや」「三荘太夫(さんしょうだゆう)」「しんとく丸」「小栗判官」「梵天国」などがある。説経節。説経。
※人情本・恩愛二葉草(1834)三「表の方へ門付の説経浄瑠璃(セッキャウジャウルリ)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

せっきょう‐じょうるり〔セツキヤウジヤウルリ〕【説経浄瑠璃】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

説経浄瑠璃」の用語解説はコトバンクが提供しています。

説経浄瑠璃の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation