@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

説経節【せっきょうぶし】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

説経節
せっきょうぶし
中世から近世初期に行われた,宗教性と娯楽性をあわせもつ語り物。仏神の縁起などを語りながら放浪する大道芸で,中世末期には人形と結び,近世初期には操芝居として,人形浄瑠璃と並んで劇場で上演されたが,近世中期以降は衰退し,地方の民俗芸能にその片鱗を残すのみとなった。近世初期に大坂説経与七郎,京都の日暮小太夫,江戸の結城孫三郎などの座があった。哀調を帯びた作風,曲風で,代表曲5つを特に五説経という。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

せっきょう‐ぶし〔セツキヤウ‐〕【説経節】
説経1が、和讃(わさん)平曲謡曲などの影響を受けて音楽化し、語り物となったもの。初めは鉦(しょう)簓(ささら)、のちには胡弓(こきゅう)三味線などを伴奏にした。鎌倉末期に成立、本来門付け芸から、操り人形と結んで江戸初期には劇場にも進出したが、義太夫節の流行とともに衰微。説経浄瑠璃。→五説経

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

せっきょうぶし【説経節】
中世末から近世にかけて行われた語り物芸能。操(あやつり)人形と提携して小屋掛けで興行されることもある。
名称
 単に〈説経〉でこの芸能をさすこともある。古くは〈せつきやう〉と仮名書きが多く,説経とも説教とも書かれるが,今日では説経と書くのがふつう。説経はまたこの芸能を行う者を味することがあり,この意味では〈説経の者〉〈説経説き〉ともいう。門付(かどづけ)をするものを門説経,簓(ささら)を伴奏とするものを簓説経,哀調をおび歌謡風のものを歌(うた)説経,操人形と提携したものを説経操りなどということがあり,本来,別系統の芸能である浄瑠璃の影響を受けたものを説経浄瑠璃という。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

せっきょうぶし【説経節】
語り物の一。説経が平俗化、音曲芸能化されたもので、室町末期から江戸初期には、三味線を伴奏に操り人形と提携し、説経の座を興行した。全盛期は万治・寛文(1658~1672)頃で、宝永・正徳(1704~1715)頃には義太夫節に圧倒されて衰微した。代表的な曲を五説経という。研究上は古浄瑠璃の一種として扱われる。説経。説経浄瑠璃。 → 五説経

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

せっきょう‐ぶし セッキャウ‥【説経節】
〘名〙 説経浄瑠璃で語られる曲節。説経浄瑠璃と同じ意にも用いる。説経。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

説経節」の用語解説はコトバンクが提供しています。

説経節の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation