@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

読売ジャイアンツ【ヨミウリジャイアンツ】

デジタル大辞泉

よみうり‐ジャイアンツ【読売ジャイアンツ】
プロ野球球団の一。セントラルリーグに所属し、フランチャイズは東京都。昭和9年(1934)、大日本東京野球倶楽部(クラブ)として発足。のちに東京巨人軍と改称、昭和25年(1950)から読売巨人軍愛称、読売ジャイアンツ)となる。巨人。巨人軍。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

読売ジャイアンツ
日本プロ野球、セントラル・リーグに所属する球団のひとつ。1934年発足。東京都をフランチャイズとする。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

よみうりじゃいあんつ【読売ジャイアンツ】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

読売ジャイアンツ
よみうりじゃいあんつ

日本のプロ野球球団。セントラル・リーグ(セ・リーグ)所属。欧文表記はYomiuri Giants。フランチャイズを東京都に置き、東京ドームを本拠地としている。球団名の変遷は、大日本東京野球倶楽部(クラブ)(1934年)―東京ジャイアンツ(1935年)―東京巨人(1940年)―東京ジャイアンツ(1946年)―東京讀賣(よみうり)ジャイアンツ(1947年)―東京読売ジャイアンツ(1960年)―読売ジャイアンツ(2002年)。

 一般には巨人または巨人軍とよばれる。1934年(昭和9)に最初のプロ野球チームとして発足し、1936年のプロ野球リーグ創設を主導した。藤本定義を監督に迎え、1936年秋季シーズン、1937年春季シーズンの連覇に続き、1938年秋季から1942年まで連続優勝(1936年は秋季シーズンのみ、1937年~1938年は2シーズン制)、中島治康(はるやす)が選手兼任監督となった1943年、三原脩が指揮をとった1949年にも優勝した。これがいわゆる第一期黄金時代で、投手では沢村栄治(えいじ)、ビクトル・スタルヒン、打者では中島、呉昌征、川上哲治(てつはる)らが中心であった。1950年の2リーグ分立後は、水原茂監督の下で第二期黄金時代を迎えた。1951年から1953年まで3連覇、1955年から1959年にも5連覇し、在任11年間でリーグ優勝8回、日本一にも4回輝いた。原動力となったのは、藤本英雄、別所毅彦(べっしょたけひこ)、藤田元司(もとし)といった好投手と、史上最高の1、2番コンビともいわれる与那嶺要(よなみねかなめ)と千葉茂、そして全盛期にあった川上、青田昇(のぼる)(1924―1997)、広岡達朗(たつろう)らであった。1961年に川上が監督に就任すると、同年と1963年に日本一、1965年からは大リーグにも例をみない9年連続日本一(V9)を達成した。第三期黄金時代の到来である。「ミスター・プロ野球」こと長嶋茂雄(ながしましげお)と、後に通算本塁打868の最多記録を打ち立てる王貞治(おうさだはる)の「ON砲(オーエヌほう)」が打線の中心に座り、城之内邦雄(じょうのうちくにお)(1940― )、高橋一三(かずみ)(1946―2015)、堀内恒夫(つねお)(1948― )らが投手陣を支えた。その後は、監督長嶋のもと1976年と1977年に連続リーグ優勝。1981年に藤田が監督となると、同年日本一、1983年はリーグ優勝。このころ打者では原辰徳(たつのり)(1958― )、投手では江川卓(すぐる)(1955― )らが活躍した。王監督時代の1987年にもリーグ優勝。翌1988年には後楽園球場の解体に伴って隣接地に建設された東京ドームに本拠地を移した。藤田が2回目の監督に就任した1989年(平成1)に日本一、翌1990年リーグ優勝。1993年からはふたたび長嶋監督となり、同年入団の松井秀喜(ひでき)の成長とともに1994年、1996年、2000年にリーグ優勝。1994年と2000年には日本一に輝いた。現名称へと改称した2002年には原が監督となり、松井や高橋由伸(よしのぶ)(1975― )などの活躍でリーグ優勝、日本シリーズでも西武ライオンズ(現埼玉西武ライオンズ)を4連勝で降した。

[山下 健]

2004年以降

2004年からは堀内恒夫が監督を務めたが結果を出せず、2005年のシーズン終了後に退任。2006年には原辰徳が2回目の監督に就任した。同年は4位に終わったが、翌2007年には5年ぶりのリーグ優勝を果たした。しかし、この年からセ・リーグが導入したクライマックス・シリーズ(公式戦〈レギュラーシーズン〉上位3チームによるプレーオフ)で中日ドラゴンズに敗れ、日本シリーズ出場はならなかった。

 2007年までの通算成績は、5062勝3566敗264分け、リーグ優勝40回(うち1リーグ時代は9回)、日本シリーズ優勝20回。

[編集部]

『東京読売巨人軍50年史編集委員室編『東京読売巨人軍五十年史』(1985・東京読売巨人軍)』『東京読売巨人軍監修『巨人軍ヒストリー』(2001・読売新聞社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

読売ジャイアンツ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

読売ジャイアンツの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation