@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

誹風柳多留【ハイフウヤナギダル】

デジタル大辞泉

はいふうやなぎだる【誹風柳多留】
川柳集。167編。呉陵軒可有(ごりょうけんあるべし)ほか編。明和2~天保11年(1765~1840)刊。初世柄井川柳以下5世までの撰。万句合(まんくあわせ)から、前句なしでも独立した秀句を集めたもの。柳樽

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

はいふうやなぎだる【誹風柳多留】
川柳集。一六七編。呉陵軒可有ごりようけんあるべしほか編。1765~1838年刊。川柳評万句合から前句を除いても句意のわかりやすい付句を集めたもの。柳樽。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

はいふうやなぎだる【誹風柳多留】
川柳集。一六七冊。呉陵軒可有ほか編。明和二~天保一一年(一七六五‐一八四〇)刊。一~二四編前半までは初代柄井川柳、以下五世まで代々の撰集。「川柳評万句合」の中から、前句を省いても意味の通じる句を集めた小型本。川柳風・誹風狂句と称して川柳文学を確立した書。やなぎだる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

誹風柳多留
はいふうやなぎだる
江戸中・後期順次発刊された川柳句集
「俳風柳樽」とも書く。1765年初編刊。1838年167編で終刊。初代柄井 (からい) 川柳(24編まで)から5世川柳までの投句を板行した『川柳評万句合 (まんくあわせ) 』の中から数万収録。初編から23編までの編者は呉陵軒可有 (ごりようけんかゆう) で,初代川柳生存中の24編までにこの小文芸の本質は出つくした観があり,以後狂句調になり,文学性を失った。江戸庶民の生態を知るのに好適な史料

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

誹風柳多留
はいふうやなぎだる
柳多留」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

誹風柳多留」の用語解説はコトバンクが提供しています。

誹風柳多留の関連情報

関連キーワード

鑑定留置桓帝争点証拠整理手続桓帝デメトリオス1世[バクトリア]トリブツム時効副市町村長民事執行法民主主義指数

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation