@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

調停委員【ちょうていいいん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

調停委員
ちょうていいいん
紛争の調停に参加し,意見,判断を述べ,事案の解決にあたる第三者。民事調停委員家事調停委員,公害調停委員,働調停委員などがある。 (1) 民事および家事調停委員 調停委員会を組織する民間人 (民事調停法6) は非常勤の国家公務員であり,事件の処理にあたると委員手当,旅費等が支給される。弁護士となる資格を有する者,民事・家事紛争の解決に有用な専門的知識・経験を有する者,または社会生活のうえで豊富な知識・経験を有する者で,人格識見が高く,原則として年齢 40歳以上 70歳未満のもののなかから最高裁判所が任命する。その任期は2年であるが再任を妨げず,所属する裁判所も最高裁判所が指定する。具体的な事件につき調停委員会を組織する調停委員をだれとするかは,裁判所の指定による。 (2) 労働調停委員 労働者,使用者,公益をそれぞれ代表する委員があり,労働委員会の会長が労働委員会の委員または特別調整委員のなかから指名する。労,使の代表委員は同数でなければならない (労働関係調整法 20,21) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ちょうてい‐いいん〔テウテイヰヰン〕【調停委員】
各種の調停で、調停委員会を構成し、調停を行う委員。民事上の調停では、主任となる裁判官と二人以上の民間人からなり、労働関係の調停では、使用者・労働者・公益を代表する各委員からなる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちょうていいん【調停委員】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

ちょうてい‐いいん テウテイヰヰン【調停委員】
〘名〙 民事、家事などの調停で、裁判官を主任として調停委員会を組織し、争いを調停する非常勤の国家公務員。徳望良識のある民間人から選任される。
※不在地主(1929)〈小林多喜二〉一五「事態が急に変ってきた。調停委員が立てられた」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

調停委員」の用語解説はコトバンクが提供しています。

調停委員の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation