@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

調印【チョウイン】

デジタル大辞泉

ちょう‐いん〔テウ‐〕【調印】
[名](スル)条約・協定などの内容が確定したとき、それに関係する当事国の代表者がその公文書に署名すること。「平和条約調印する」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちょういん【調印】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ちょういん【調印】
スル
条約や協定などの公文書などにそれぞれの代表者が署名・捺印なついんすること。署名。記名。 休戦協定に-する

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

調印
ちょういん
signature
国際法上の調印は、全権代表の署名を意味する。国家の重要な外交文書に国家の正式の代表(全権代表)が自己の名前を記入する行為(わが国の国内制度のように印鑑を押すことはない)で、国家の正式の意思表示となる。条約締結過程で全権代表のなす署名は、批准を必要としない条約の場合には、国家を拘束する最終行為となるが、批准を必要とする条約の場合、署名は、条約内容の確定の効果のみをもつ。[經塚作太郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちょう‐いん テウ‥【調印】
〘名〙
① 確認の捺印(なついん)をすること。押印(おういん)
※地方凡例録(1794)七「とじ目に御老中御調印有之に付」
② 条約当事国の代表者が、条約の文書にその姓名をしるすこと。条約成立の一要件。
※中外新聞‐慶応四年(1868)二月二四日「各国帝王の調印を致し候事故」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

調印
ちょういん
署名」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

調印」の用語解説はコトバンクが提供しています。

調印の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation