@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

調和【チョウワ】

デジタル大辞泉

ちょう‐わ〔テウ‐〕【調和】
[名](スル)全体がほどよくつりあって、矛盾や衝突などがなく、まとまっていること。また、そのつりあい。「調和を保つ」「周囲と調和のとれた建造物」「精神と肉体が調和する」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

調和 ちょうわ

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

ちょうわ【調和 harmony】
事物や事象の全体的な均衡の美を表す観念で,古代ギリシアに淵源する。ギリシア語ハルモニアharmoniaは元来,大工仕事で建材の各部をたがいに嚙み合わせて,ぴったり接合することを意味した。その後比喩的に転用されて,一致,協力,和合などの意味を持つようになった。この言葉に哲学的な意義が付与されるようになったのは,音楽の生み出す魔術的な効能にひきつけられ,音楽的調和の観点から宇宙論を展開したピタゴラス学派によるところが大きい。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ちょうわ【調和】
1638‐1715(寛永15‐正徳5)
江戸前期の俳人岸本,名は友正。通称は猪右衛門。陸奥岩代の人という。30歳前後から江戸住。初め安静門,のち未得に従う。1668年(寛文8)以前すでに宗匠として立っており,76年(延宝4)ころ《石亀集》を編んだが未刊,79年に《富士石》を上梓,以後貞享初めまでに《金剛砂》《題林一句》《ひとつ星》などを刊行大名,旗本らの多数を擁して,その勢力を誇示した。その後は活動の分野を〈前句付〉へひろげ,《洗朱(あらいしゆ)》《風月の童(わらわ)》《相槌》《十の指》など高点句集を刊行,不角らとともに有力な点者となった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

調和
ちょうわ

本来独立した諸要素が統一的全体をなすこと。漢語としては古くから具体的に、音楽・料理の味についていわれる一方、陰陽、上下の調和といったぐあいに、抽象的な意味で(形而上(けいじじょう)学的宇宙論、あるいはそれと密接に連関する倫理学の文脈などで)使われることもあった。現在わが国の慣用では、ギリシア語「ハルモニア」を語源とする西洋諸語(harmonyなど)の訳語として使われることも多い。なお、音楽理論で和音の進行に関する規則を扱う部門には、同じ西洋語に対して「和声論」「和声法」などの訳があてられるのが普通である。ここでは、この語を主として「ハルモニア」の訳語と考え、各時代、各著述家におけるその意味の変遷を、西洋語の圏内でたどる。

[津上英輔]

古代

「結合」を表すar-を語根とするharmoníaの語は、ホメロスの両叙事詩(『イリアス』『オデュッセイア』)で、舟や筏(いかだ)を構築する結び合わせの手段および精神的領域での一致を意味している。このうち前者の具体的な意味は多様な対象に適用され、ギリシア語としては後世まで存続するが、この語がラテン語を通じて西欧世界に受け継がれ、今日いう「調和」の意味を担うに至ったのは、この語の有する哲学的な性格のゆえである。ヘラクレイトスは対立しあうもの、自己自身に相反するものから調和が生じると考え、それを弓やリラ(竪琴(たてごと))の弦に譬(たと)えた。弦は両側から引かれながら、なお全体として一つの張力を保っているからである。ピタゴラスは、音の高さと弦の張力ないしその長さとの間に数の比例関係を発見したと伝えられ、音の秩序が数比に支配されていることを初めて洞察した人物とされる。

 他方ハルモニアは多様な音の統一体として、音階構造ないし広義の旋法をも意味していた。そこで彼またはその学派において、ハルモニア概念は音の場面で数と結び付き、数の秩序に従う他の諸現象にも適用されて、存在論的な意味合いを帯びるに至ったと考えられる。ディオゲネス・ラエルティオスによれば、「万物は調和によって成り立っている」というのがピタゴラス学派の教説であった。そうした思弁のなかでももっとも顕著で遠く近代にまで受け継がれたのが「天体の調和」の観念である。アリストテレスの伝えるところ(『天体論』第二巻)、ピタゴラス学派は諸天体がその運行に伴って音を発し、その音が互いに響き合って調和をなすと考えていた。プラトンはこの観念を神話として紹介する一方(『国家』第10巻)、『ティマイオス』では宇宙創造神話に音階構成理論を取り入れることによって、ハルモニア概念に宇宙論的意義を担わせた。

 音楽理論の立場から天体の調和を扱ったのは、ゲラサのニコマコス(後1~2世紀)、クラウディオス・プトレマイオスKlaudios Ptolemaios(後2世紀)、アリステイデス・クィンティリアヌスAristeides (Aristides) Quintilianus(後2、4世紀のいずれか)である。アリストテレスが紹介するように(『霊魂論』第1巻)、「霊魂は一種の調和である」という命題もおそらくピタゴラス学派に由来するものであり、宇宙論との関連からも注目に値する。またプラトンの『ゴルギアス』において語られているように芸術や技術の分野でも調和の概念は秩序や適合の概念とともにきわめて重要であり、たとえばウィトルウィウスVitruvius(前1世紀ころ)は『建築十書』第一巻で、ほぼ「調和」に相当するsymmetriaを建築の六契機の一に数えている。

[津上英輔]

中世

ボエティウスは古代の音楽観を宇宙・人間・楽器の音楽と整理して西欧中世に伝え(De institutione musica, I)、イシドルスは世界が音の一種の調和によって成り立っていると考えた(Etymologiae, Ⅲ)。天体の調和の観念は、中世になって宇宙論的意味を失い、天使の音楽として神学的に解釈し直されるようになり、トマス・アクィナスにおいては、音楽用語から転じて正しい比率一般を意味するようになった調和概念は、完全性・輝きとともに美の一契機とされた(『神学大全』第一巻)。

[津上英輔]

近世以降

中世後期から音楽理論における思弁的傾向が薄れるに伴って、調和の概念も特殊音楽的意味と哲学的ないし美学的意味とに分解する。音楽用語としてのハルモニアは、ルネサンス以降の音楽実践の変質と相携えて、音どうしの縦の関係(和音)を表すようになり、そのまま現代の和声概念へと引き継がれてくる。一方、ピタゴラス的な天体の調和の観念も姿を消したわけではない。たとえば、天文学者J・ケプラーは惑星の軌道を音楽的調和の反映とみ、その確信に基づいて有名な彼の第三法則を導き出したし(Harmonice mundi, V,1619)、現代のカイザーH. KayserやハーゼR. Haaseはこの方向の代表者である。

 しかし思想史的にいっそう重要なのは、ライプニッツのモナド論における予定調和の概念である。彼の考えでは、世界を構成するおのおの独立の実体が互いに関係づけられ、そこに生ずる諸現象が照応しあうのは、神があらかじめ定めた調和によってにほかならない。「この世界の内なる調和を信ずることなくしては、いかなる科学もありえない」とアインシュタインもいうとおり、近代科学も自然現象の普遍的法則性をあらかじめ措定する限り、その根本的立脚点において調和概念に深くかかわっているといわなければならない。また美学の分野では、調和が秩序や均衡や適合とともに美の概念の一契機をなしてきたし、現在もなお重要な役割を果たしている。

[津上英輔]

『W. TatarkiewiczHistory of Aesthetics, I (1970, Mouton-PWN, Warszawa)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちょう‐か テウクヮ【調和】
〘名〙 (「か」は「和」の漢音) =ちょうわ(調和)
※洒落本・陽台三略(1751‐64頃)序「色之有愛慕怨恨也、猶食之有塩梅調和(テウクヮ)乎」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちょう‐わ テウ‥【調和】
〘名〙
① ととのいやわらぐこと。偏りや矛盾や衝突などがなく、互いがほどよく和合すること。また、そうさせること。ちょうか。
※性霊集‐四(835頃)奉為国家請修法表「摧滅七難、調和四時」
※花間鶯(1887‐88)〈末広鉄腸〉下「官民調和(テウワ)の策」 〔漢書‐丙吉伝〕
② よくつりあうこと。
※草枕(1906)〈夏目漱石〉一「始めてわれは画中の人物として、自然の景物と美しき調和を保つ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちょうわ テウワ【調和】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

調和」の用語解説はコトバンクが提供しています。

調和の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation