@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

調子笛【チョウシブエ】

デジタル大辞泉

ちょうし‐ぶえ〔テウシ‐〕【調子笛】
弦楽器の調弦合唱の基本の音高を決めるのに用いる小さな

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちょうしぶえ【調子笛】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ちょうしぶえ【調子笛】
基準の高さの音を鳴らす小さな笛。弦楽器の調弦や、無伴奏の合唱の歌い出しの音を決めるのに用いる。 → 律管

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

調子笛
ちょうしぶえ
音律をあわせるための専用の笛。普通は小さな管の中に金属製(ときとして竹製)の振動体(リード)のついたものをさし、この管の一端を吹いたり吸ったりして基準音高を得る。日本や中国および西洋などで古くから用いられており、音楽や楽器の音律によってさまざまな種類がある。1本の管からなるものや、数本の管を音高順に並べて連結したものがあり、管の多くは上下両端に振動体を備えて異なる2音が出せるようくふうされている。日本では昔は竹製、近代以降は金属製のものが多く、古くから雅楽の律管(りっかん)や箏(そう)調弦用の四穴(しけつ)(一竹(いっちく)とも。指ではじいて鳴らすため狭義の調子笛には入らない)などが使われてきた。日本音楽一般によく用いられるのは、3本または6本を連結した笛で、前者は壱越(いちこつ)・平調(ひょうじょう)・下無(しもむ)・双調(そうじょう)・黄鐘(おうしき)・盤渉(ばんしき)(ニ、ホ、嬰(えい)ヘ、ト、イ、ロに相当)の6音を、後者は1オクターブ内の12音を出す。西洋のものはほぼ金属製で、4本の小管をセットにしたバイオリン調弦用の笛などがよく知られている。[川口明子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちょうし‐ぶえ テウシ‥【調子笛】
〘名〙 調弦や合唱の際、基本の音高を決めるのに用いる笛。金属または竹の簧(した)のある縦笛。単管のものと音高順に連管になったものがある。中国や日本の伝統音楽では竹、玉、銅製のものを用いた。律管。図竹(ずたけ)
※黄表紙・通一声女暫(1781)「撥袋の中より調子笛(テウシブエ)を出だしひいひいと吹き」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

調子笛」の用語解説はコトバンクが提供しています。

調子笛の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation