@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

調理【チョウリ】

デジタル大辞泉

ちょう‐り〔テウ‐〕【調理】
[名](スル)
物事をととのえること。調整。
「莫大(ばくだい)の歳出を―するの余儀なきに至ったが」〈河上肇・ロイド=ジョージ〉
食物を料理すること。「肉を調理する」「調理場」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

調理
 食品材料洗浄切断加熱などの操作によって食べる状態に変えること.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちょうり【調理】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ちょうり【調理】
スル
食品を料理すること。 魚を-する -場
物事を具合よくととのえること。調整。 鞍を均しく給することを-せしことあり/西国立志編 正直

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

調理
ちょうり
食品材料を洗う、切るなど整理して、さらに煮る、焼く、炒(いた)めるなどの操作をほどこし、食べよく味もよくする技術をいう。調理は料理と同意に用いられることもあるが、実際には異なる。料理にはつくることと、できあがったもの、そのつくり方の企画、それを業とすることなどの意も含まれるが、調理は味づくりの技術面に限定される。したがって、調理によってできたものは料理という。料理屋、料理店の名はあるが、調理屋、調理店とはいわない。調理師という名称を使用するのは、料理の技術者で国家試験に合格するか、厚生労働大臣認可の調理師専門学校を卒業した者に限られる。ただし、料理業を営むには、かならずしも調理師の資格を必要としないが、調理師を置くよう努めなければならない規定(調理師法8条の2)がある。[多田鉄之助]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちょう‐り テウ‥【調理】
〘名〙
① よい状態になるように整えること。調整。また、治療すること。
※童子問(1707)上「非徒治病之的方、保養調理之術、亦悉備矣」 〔徐陵‐陳公九錫文〕
② 料理すること。割烹。
※玉塵抄(1563)四一「白啖はそのまま調理せいでなまでくうことか」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

調理」の用語解説はコトバンクが提供しています。

調理の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation