@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

談林十百韻【だんりんとっぴゃくいん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

談林十百韻
だんりんとっぴゃくいん
江戸時代前期の俳諧撰集。田代松意編,自序,自跋。2冊。延宝3 (1675) 年刊。同年夏東下した西山宗因発句「されば爰 (ここ) に談林の木あり梅の花」を請い受け,江戸神田鍛冶町の松意の草庵に集った俳諧談林の連衆,松意,雪柴,在色,一鉄,正友,志斗,一朝,松臼,卜尺の9人でつくった百韻 10巻。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

だんりんとっぴゃくいん〔ダンリンとつピヤクヰン〕【談林十百韻】
江戸前期の俳諧集。2冊。田代松意編。延宝3年(1675)刊。松意ら江戸の俳人西山宗因の発句を巻頭に興行した九吟百韻10巻を収める。談林派俳風を興す契機となった書。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

談林十百韻
だんりんとっぴゃくいん

俳諧連句(はいかいれんく)集。二冊。松意(しょうい)編。1675年(延宝3)刊。江戸の談林(檀林)派を名のる雪柴(せっさい)、在色(ざいしき)、一鉄(いってつ)、正友(せいゆう)、志計(しけい)、一朝(いっちょう)、松臼(しょうきゅう)、卜尺(ぼくせき)、松意の9人が、1675年夏江戸滞在中の宗因(そういん)から請い得た、「されば爰(ここ)に談林の木あり梅の花」の発句を巻頭に、よりより興行した九吟百韻10巻を収める。跋文(ばつぶん)によれば、同派はその斬新(ざんしん)さのゆえに、「飛躰(とびてい)」の異名をもってよばれていたというが、本集の俳風も奇妙異体である。反響は大きく「西は長崎、東は仙台」まで流布し(暁眠起(ぎょうみんき))、「談林」という一小結社の名を宗因風の汎称(はんしょう)とするに役だった。

[乾 裕幸]

『飯田正一他校注『古典俳文学大系3 談林俳諧集 一』(1971・集英社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

談林十百韻」の用語解説はコトバンクが提供しています。

談林十百韻の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation