@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

請所【うけしょ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

請所
うけしょ
鎌倉,室町時代,一定の年貢請料として荘園領主に納めることを条件に,守護地頭名主農民などが土地の管理権を委任されたところ。鎌倉時代には,地頭による年貢押領がはなはだしく,領主による荘園支配が困難になったため,地頭請所を設けて一定の年貢の確保をはかった。地頭は一定年貢を納めて,それ以外の収益はすべて自己の得分にした。地頭請所には鎌倉幕府仲介の口入 (くにゅう) のものと,私的契約によるものとがあり,そのいずれもが武力を背景としたものであった (→地頭請 ) 。室町時代には守護請が多くなり,応仁の乱以後は主や百姓 (→地下請 ) も全国各地に広くみられるようになった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

うけ‐しょ【請所】
中世、守護地頭名主などが荘園領主に対して年貢納入を請け負い、その代わりに荘園管理の全権をゆだねられる制度。うけどころ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

うけ‐どころ【請所】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

うけしょ【請所】
平安末期から室町時代にかけて荘園や公領で,荘官,地頭,守護,さらには荘園農民などが年貢を定額で請け負い,納入した年貢請負の制度。〈うけどころ〉とも言い,請け負われた年貢を請口,請料とも言った。請所のはじまりは平安末期に地方国衙の在庁官人らが荘官に代わって荘園年貢を徴収して本家,領家に送ったり,源平合戦の混乱期に地方の武士が荘園の管理を委任され,年貢納入を請け負ったことにあるとされている。その成立を年代を追ってみてゆくと,当初は下司ら荘官の請負が,ついで鎌倉時代には幕府口入(くにゆう)(推薦)や私契約にもとづく地頭の請所が多数成立し,南北朝・室町時代には守護や守護代による請負,禅僧や京都の土倉酒屋など商業高利貸資本による代官請,さらには自治的な惣結合を強めていた荘園村落の農民たちによる地下(じげ)請,百姓請さえあらわれた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

うけどころ【請所】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

請所
うけしょ

荘園(しょうえん)制において、地頭(じとう)、荘官(しょうかん)、名主(みょうしゅ)らが領家(りょうけ)(領主)と契約して一定額の年貢納入を請け負い、そのかわり荘園支配の全権を委任される制度。請け負った荘地(下地(したじ))を請地(うけち)、請所(うけどころ)という。請け負った年貢を請料(うけりょう)、請口(うけぐち)といい、豊作凶作にかかわらず毎年一定とした。武士勢力の台頭とともに、とくに東国の荘園で請負が始まった。鎌倉幕府は御家人(ごけにん)保護の立場から一定の保証を与え、鎌倉口入(くにゅう)の請所として保護した。1268年(文永5)幕府は、請所として20年を経過したものは、領家といえどもかってに解任することはできないという法を定めて御家人を保護した。のち1299年(正安1)に、承久(じょうきゅう)の乱(1221)以後の請所については前記の法を適用しないと改めた。鎌倉時代の請負主体の多くは地頭で、これを地頭請といったが、室町時代には守護による守護請が行われた。有力武士による請負は、荘園年貢の納入額をしだいに減少させ、貴族、寺社の荘園領有を有名無実にした。応仁(おうにん)の乱(1467~77)後はとくにこの傾向が助長された。一条兼良(いちじょうかねら)はその家領(けりょう)について、摂津国(兵庫県)福原(ふくはら)荘は守護赤松氏の請負であるが年貢減少し、備後(びんご)国(広島県)坪生(つぼう)荘は守護山名(やまな)氏の請負であるが年貢の納入なく、越前(えちぜん)国(福井県)足羽御厨(あすわのみくりや)は守護朝倉(あさくら)氏に押領(おうりょう)されたと書き記している。一方、郷村制(ごうそんせい)の形成に伴い、名主、百姓らによる請負(地下請(じげうけ)、百姓請)も始まり、荘園制の崩壊がいっそう促進された。

[阿部 猛]

『安田元久著『日本荘園史概説』(1957・吉川弘文館)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

うけ‐しょ【請所】
〘名〙 中世、地頭、名主などが荘園領主(本所領家)に対して一定額の年貢納入を請け負い、かわりに年貢徴収などの荘園管理を委任されるもの。その一定額を請料(うけりょう)、土地を請地(うけち)などと呼ぶ。鎌倉中期からの地頭請(じとううけ)、室町時代の守護請(しゅごうけ)、地下請(じげうけ)、百姓請(ひゃくしょううけ)などがあったが、大名領国制の成立によって消滅した。うけどころ。御請。
※新編追加‐永仁七年(1299)二月・請所事「寛元以前請所者、不顛倒之由、先度雖定下

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

うけ‐どころ【請所】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

請所
うけしょ
中世,荘園領主が地頭・荘官などに,年々の豊凶にかかわらず毎年一定額の年貢を請け負わせる制度
荘園が請所となると領主側は関与せず,荘園の支配は事実上すべて請負人にゆだねられた。請負人の相異により地頭請・守護請・百姓請(地下請)などがある。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

請所」の用語解説はコトバンクが提供しています。

請所の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation