@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

論功行賞【ロンコウコウショウ】

デジタル大辞泉

ろんこう‐こうしょう〔‐カウシヤウ〕【論功行賞】
功績を論じ、その程度に応じてを与えること。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ろんこう‐こうしょう ‥カウシャウ【論功行賞】
〘名〙 功績の有無・大小を論じ定めて、それに応じて賞を行なうこと。
※報知新聞‐明治三八年(1905)九月二日「露国の論功行賞は第一が日本満洲軍総参謀長児玉源太郎」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

四字熟語を知る辞典

論功行賞
功績の有無・大小をよく論じ定め、それにふさわしい賞を各人に与えること。

[使用例] 日露役の論功行賞で或は鷗外にも爵位が与えられたのかもしれないが[高橋義孝*森鷗外|1954]

[使用例] 本来ならば論功行賞を授けられてしかるべき勝利の将軍(ジェネラーレ)が、その温厚慎重さゆえに面責され、追放に処せられたのである[辻邦生*安土往還記|1968]

出典:四字熟語を知る辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

論功行賞」の用語解説はコトバンクが提供しています。

論功行賞の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation