@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

諧調【カイチョウ】

デジタル大辞泉

かい‐ちょう〔‐テウ〕【諧調】
調和のよくとれた音・調子。全体がしっくり溶け合った調子。
「秋の森の複雑な色の―は」〈寅彦・写生紀行〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かい‐ちょう ‥テウ【諧調】
〘名〙
① (「諧」はうまく合う意) 文章、音楽、絵画などで、調和のよくとれた調子。物事の組み合わせや対照や変化の仕方などから生じる、気持のよい調子。ハーモニー。
※春潮(1903)〈田山花袋〉四「音楽学校のチャンピオン丈あって、その調子の巧みなことといったら〈略〉渓流もこれが為めに流を停めるかと疑はるるばかりの偕調」
② (━する) 互いに反応しあって種々の変化や調和が生じること。
※自然人と純粋人(1930)〈河上徹太郎〉「この舞台へ現はれる途方もなく一徹な人人が私の頭の中で交錯諧調して」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

諧調」の用語解説はコトバンクが提供しています。

諧調の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation