@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

諧謔【かいぎゃく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

諧謔
かいぎゃく
humour
おもしろさと共感とが混り合った状況を描写する,言葉または動作による表現。機知滑稽と同じく笑いを引起す。 S.フロイトは著作『機知-その無意識との関係』 Der Witz und seine Beziehung zum Unbewußten (1905) などのなかで,自己の不幸を軽減するような笑いの原因を謔とした。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かい‐ぎゃく【諧×謔】
こっけいみのある気のきいた言葉。しゃれや冗談。ユーモア。「諧謔を弄(ろう)する」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かい‐ぎゃく【諧謔・詼クヮイ謔】
〘名〙 (「諧」「詼」「謔」はいずれもたわむれ、冗談の意) おどけた滑稽なことば。また、おどけた滑稽なこと。詼諧。かいげき。
※真愚稿(1422頃か)喜鄂隠上人見訪詩并序「願一往一来諧謔如平昔而不得」
※都会の憂鬱(1923)〈佐藤春夫〉「一流の苦い諧謔を弄することもあった」 〔晉書‐顧愷之伝〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

諧謔」の用語解説はコトバンクが提供しています。

諧謔の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation