@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

諫言【カンゲン】

デジタル大辞泉

かん‐げん【×諫言】
[名](スル)目上の人の過失などを指摘して忠告すること。また、その言葉。「誠意をもって主君諫言する」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かんげん【諫言】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

いさめ‐ごと【諫言】
〘名〙 (古くは「いさめこと」) 禁じたこと。禁じたことば。禁制。諫言(かんげん)
※書紀(720)用明元年五月(図書寮本訓)「皇子乃ち諫(イサメコト)に従ひて止(や)みぬ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かん‐げん【諫言】
〘名〙
① 目上の人の欠点や過失を指摘して忠告すること。諫(いさ)めること。また、その言葉。
※太平記(14C後)五「雖諫言(カンケン)世人豈其無罪許哉」 〔北周書‐憑景〕
② いましめること。きびしく注意すること。
※太平記(14C後)二二「三千余騎の兵共、大将の諫言(カンゲン)に力を得て、十六騎の敵を真中にをっ取り籠め」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

諫言」の用語解説はコトバンクが提供しています。

諫言の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation