@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

諷喩法【ふうゆほう】

精選版 日本国語大辞典

ふうゆ‐ほう ‥ハフ【諷喩法】
〘名〙 (allegory の訳語) 修辞学の用語。一文章をなす比喩だけを提示して本義を推察させる技法。「ものいへば唇寒し秋の風」「行く河の流は絶えずして、しかももとの水にあらず」の類。また、おとぎ話、寓話、ことわざなどとしても用いられる。
※新美辞学(1902)〈島村抱月〉二「諷喩法とは一説話中に他義を含ましむるもの、就中意味なきものを仮りて之れに意味ある事柄を影の如く寓せしむるの謂なり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

諷喩法」の用語解説はコトバンクが提供しています。

諷喩法の関連情報

関連キーワード

寓話比喩ルイスルイス道徳劇アレゴリー寓意小説

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation