@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

諷喩【フウユ】

デジタル大辞泉

ふう‐ゆ【×諷喩/風諭】
[名](スル)
他の事にかこつけて、それとなく遠回しにさとすこと。
「吾輩の既に再三―したるが如く」〈尺振八訳・斯氏教育論〉
比喩法の一。たとえだけを提示して、その本義を間接的に推察させる方法。「燕雀(えんじゃく)安(いずくん)ぞ鴻鵠(こうこく)のを知らんや」が、小人物に大人物の心はわからないのをさとらせる諷喩法

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ふうゆ【諷喩】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

諷喩」の用語解説はコトバンクが提供しています。

諷喩の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation