@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

諸家【ショカ】

デジタル大辞泉

しょ‐か【諸家】
多くの家。多くの家門。しょけ。
多くのいろいろな人。特に、その道の専門家・研究者として認められている人々。「諸家の意見を聞く」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しょ‐け【諸家】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しょけ【諸家】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しょか【諸家】
多くの人々。
その道で知られている多くの人。その道の一流の人々や専門家などをさしていう。
「諸子百家しよしひやつか」の略。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しょけ【諸家】
しょか諸家

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しょ‐か【諸家】
〘名〙
① 多くのさまざまな家々。多くの家門。しょけ。
※田氏家集(892頃)上・早秋「百氏書中収夏部、諸家集裏閲秋詩
※太平記(14C後)一二「関白殿下左右の大将、大中納言、八座七弁八省輔、諸家の侍、堂上堂下に袖を連ね」 〔後漢書‐光武帝紀・上〕
② 多くの人々。特に、一派を立てたり権威者として知られたりしている多くの人々。
※史記抄(1477)三「徐広を本にして諸家の説を弁じて集解と名たぞ」 〔周礼疏‐地官・大司徒〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しょ‐け【諸家】
〘名〙 (「け」は「家」の呉音) =しょか(諸家)①〔塵芥(1510‐50頃)〕
※人情本・春色梅児誉美(1832‐33)後「このお蝶を二十五両にてかかへ、諸家(ショケ)へ立いらせて祝義をもらはせ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

諸家」の用語解説はコトバンクが提供しています。

諸家の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation