@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

諸橋轍次【もろはしてつじ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

諸橋轍次
もろはしてつじ
[生]1883.6.4. 新潟,下田村
[没]1982.12.8. 東京
漢学者。号は止軒。奥畑米峰の静修義塾で漢学を学んだあと,1908年東京高等師範学校 (のちの東京文理大学,東京教育大学) 国語漢文科を卒業。 10年同研究科を卒業。卒論の『詩経研究』 (1912) は水準の高さから当時の学界を驚嘆させた。東京高等師範付属中学校教諭,東京高等師範学校教授,東京文理大教授を歴任。その間の 21~55年静嘉堂文庫長として漢籍の収集,整理に尽力。 60年都留文科大学初代学長。東宮職御用掛。教鞭をとるかたわら,親字数5万 354,熟語数 52万 6300という『大漢和辭典』 (55~60) 編纂の大事業を 30余年にわたって進めた。その間,第1巻刊行後,全巻の組版および関係資料一切を空襲によって焼失,加えて双眼を失うという苦難を乗越えてのことであった。この偉業によって 44年朝日文化賞を受賞,60年中華民国学術奨章を受章した。さらにその後 20年をかけて 82年『広漢和事典』全4巻を門弟と共著で完成させた。儒学者としての功績も大きく,29年の『儒学の目的と宗儒の活動』は名著として名高い。ほかに『諸橋轍次著作集』全 10巻 (75~77) もある。 65年文化勲章を受章。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

もろはし‐てつじ【諸橋轍次】
[1883~1982]漢学者。新潟の生まれ。東京文理科大教授・静嘉堂文庫長などを歴任。昭和2年(1927)から同35年にかけて「大漢和辞典」全13巻を完成した。文化勲章受章。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

諸橋轍次 もろはし-てつじ
1883-1982 大正-昭和時代の漢学者。
明治16年6月4日生まれ。東京文理大,大東文化学院の教授,都留(つる)文科大学長などを歴任。また静嘉堂文庫長,宮内省御用掛をつとめた。昭和のはじめから「大漢和辞典」の編集にあたり,昭和35年全13巻を完成させた。40年文化勲章。昭和57年12月8日死去。99歳。新潟県出身。東京高師卒。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

もろはしてつじ【諸橋轍次】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

もろはしてつじ【諸橋轍次】
1883~1982 漢学者。新潟県生まれ。号は止軒。東京高師卒。東京文理科大教授・静嘉堂文庫長。著「大漢和辞典」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

諸橋轍次
もろはしてつじ
(1883―1982)
漢学者。新潟県の生まれ。東京高等師範学校(後の東京教育大学。現、筑波(つくば)大学)卒業。中国に留学後、母校教授、東京文理科大学教授や附属図書館長、静嘉堂(せいかどう)文庫長などを歴任した。著書は『詩経研究』『儒学の目的と宋儒(そうじゅ)の活動』『支那(しな)の家族制』など多数あるが、1927年(昭和2)から1960年(昭和35)にかけて完成した『大漢和辞典』(本巻12巻・索引1巻)は、その生涯をかけた大著である。同書は途中、1945年3月の東京大空襲で全資料を焼失したが、戦後に再起、総ページ数約1万5000、収録された親字4万9964字という、日本における漢和辞典のもっとも大規模なものである。第1巻が刊行された1943年の翌1944年に昭和18年度の朝日文化賞を受けた。1965年文化勲章を受章。[今井宇三郎]
『『諸橋轍次著作集』全10巻(1975~1977・大修館書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

もろはし‐てつじ【諸橋轍次】
漢学者。新潟県出身。東京高等師範学校卒業後、中国に留学、帰国後東京文理科大学教授、静嘉堂文庫長を歴任。昭和二年(一九二七)から同三五年にかけて「大漢和辞典」一三巻を完成した。昭和四〇年文化勲章受章。他に著「儒学の目的と宋儒の活動」など。明治一六~昭和五七年(一八八三‐一九八二

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

諸橋轍次」の用語解説はコトバンクが提供しています。

諸橋轍次の関連情報

関連キーワード

アルマン条約ガルシン電気事業ユーイング(Sir James Alfred Ewing)フィラデルフィア・フィリーズサンフランシスコ・ジャイアンツポンキエリアモンウィンチェスターウェルクマイスター

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation