@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

謄写版【トウシャバン】

デジタル大辞泉

とうしゃ‐ばん【謄写版】
孔版印刷の一種。ろう引きの原紙に、鉄筆で書いたりタイプライターで打ったりして細かい穴をあけ、そこから印刷インキをにじみ出させて刷る。また、その印刷機。がり版

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

とうしゃばん【謄写版 mimeograph】
謄写原紙と呼ばれる薄い特殊な紙に小さい穴をあけ,この穴から印刷インキを押し出して印刷する方法。孔版方式の代表的なもので,俗に〈ガリ版〉ともいう。19世紀末,アメリカのエジソンが蠟を塗った紙に電気で振動するペンで細かい穴をあけ,版とする方法を考案したのが最初といわれる。日本では,1894年堀井新治郎が蠟引きした原紙をやすり上におき,鉄筆で書いて製版する方法を発明謄写版と名づけ,以後大衆的謄写印刷はいろいろな工夫が加えられ広く利用されるようになった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

謄写版
とうしゃばん

同一の文書や書類など、多数筆写の手間を省くために用いる簡便な孔版印刷機。「ガリ版」ともいわれ、一般の印刷とは区別されている。製版は、ろう原紙またはタイプ原紙に、やすりの上で鉄筆を用いて書いたり、あるいはタイプで印字することにより孔版する仕組みである。技術の改良が進み、多色印刷や写真孔版までつくることができるようになり、さらに活版やオフセット印刷とも変わらない字画の鮮明な印刷ができるようになった。

 印刷機は大別して、ローラー式(平版式)謄写版と輪転式謄写機に分けられる。ローラー式は、原紙を枠に張り、その上からインキを含ませたローラーでなでて、下部にセットした紙に印刷する方式のものである。輪転式は、卓上型や手動式のほか、電力で稼動させる電動式がある。また形式では、1本の胴筒をもつ単胴型と、2本の円筒をもつ複胴型の2種があり、インキ補給方式によっても遠心力利用方式、塗布方式、インキ練り双胴方式などがある。ローラー式は古くから使われていたが、輪転式は1900年にイギリスの玩具商デビッド・ゲステットナーが複胴式のものを発明したのが最初である。単胴式は1901年にアメリカの文具商A・B・ディックによってつくられた。日本では1910年(明治43)に、東京の堀井謄写堂から単胴型第1号が発売されたのが最初である。

[野沢松男]

 日本においては、ワープロの出現、その後のパソコンによる簡易印刷の発達、そしてコピー機の普及などで謄写版の使用は急減し、1980年代後半にはほとんどみられなくなった。一方、アフリカやアジアなどでは、いまだに電気の通じない地域が多くあり、それらの地域では謄写版が活用されている。

[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

図書館情報学用語辞典 第5版

謄写版
孔版印刷の一種.やすり板の上にのせた蝋引きされた紙に鉄筆で文字や画線を描くと,の部分が削り取られるので,インキ付けすると,蝋の削られた部分だけインキが透過し,印刷ができる.鉄筆書きをするときに生じる音からガリ版ともいう.版材に(蝋引き)紙が使われているため,簡便に製版できるものの,大量印刷に耐えず,鮮明さに欠ける.現在は趣味的な印刷で用いられることが多い.

出典:図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

とうしゃ‐ばん【謄写版】
〘名〙 印刷法の一つ。蝋引き原紙に鉄筆やタイプの圧力により多くの細かい穴をあけ、その穴からにじみ出るインクを紙にうつしとるもの。また、その印刷をする器具。ガリ版。鉄筆版。孔版。
※風俗画報‐二〇五号(1900)神田鍜冶町「堀井新次郎の発明に係る謄写版を販売するところ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

謄写版」の用語解説はコトバンクが提供しています。

謄写版の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation