@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

謗法【ホウボウ】

デジタル大辞泉

ほう‐ぼう〔ハウボフ〕【×謗法】
仏法をそしり、真理をないがしろにすること。
無理なこと。無理難題をいうこと。
「―とは知りながら、頼みしことの恥づかしや」〈浄・八百屋お七

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ほう‐ぼう ハウボフ【謗法】
〘名〙
① 仏法をそしること。五逆罪にまさる罪という。
※三部経釈(1190)「つぶさに十悪五逆四重謗法闡提破戒破見等のつみをつくりて」
② 転じて、無理なこと。無理難題をいうこと。
※浄瑠璃・八百屋お七(1731頃か)下「愛宕様の方へ向き、娘が沈む火の難をどふぞ救ふて給はれと、ほうぼうとは知りながら、頼し事の恥かしや」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

謗法」の用語解説はコトバンクが提供しています。

謗法の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation