@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

講師【コウシ】

デジタル大辞泉

こう‐し〔カウ‐〕【講師】
《古く、説経をするをいった「師(こうじ)」から出た語》
講演や講義をする人。「研修会の講師として招かれる」
大学・高等専門学校で、教授准教授に準じる職務に従事する専任常勤の者と、非常勤の者とがある。
小・中・高校で、非常勤で教諭の職務を助ける者。
専門学校・予備校などで、講座を受け持つ人。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こう‐じ【講師】
(カウ‐) 宮中の歌会、歌合(うたあわせ)漢詩の会などで、詩歌を詠み上げる役。
(コウ‐)
㋐平安時代、諸国の国分寺に置かれた上座の僧官。僧尼をつかさどり、経論を講説した。
維摩会(ゆいまえ)などの勅会において講経に当たる僧。
法会のときなどに、高座に上がって経文講義する僧。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

講師
教員採用試験を経て正規採用された教諭とは異なり、期間を定めて雇用される正規の教員正教員では足りないを埋める役割で、常勤の場合は担任を持つこともある。文部科学省によると講師は「例外的な措置」という。
(2014-04-20 朝日新聞 朝刊 静岡 1地方)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

世界大百科事典 第2版

こうじ【講師】
(1)論義法要や講讃法要などの仏教儀式における僧侶の役名。問者(もんじや)の発した質問に答える形で経典解釈などを講じる。維摩(ゆいま)会,最勝会などの講師は非常に重視され,そのを果たした僧は公的に認証されて統括・指導職にあたった。なお古代中世には,国分寺におかれた僧官名を講師または国師と称した。(2)歌披講(うたひこう)(歌会・歌合せ)で詩歌を詠し披露する役の人。独特のまわしで旋律的に朗唱する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こうし【講師】
講演会や講習会で講演・講義をする人。
大学などで、教授・助教授に準ずる職務にあたる教員の職名。
小中高校などで教諭の不足を補う教員。
塾・予備校・専門学校などで教える人。 → こうじ講師

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こうじ【講師】
宮中の歌会や、昔の歌合うたあわせ・詩の会で、和歌・詩を読み上げる役。
法会ほうえの際、経文を講ずる僧。特に、三会さんえの講師。三会講師。
平安時代、諸国の国分寺に一人ずつ置かれ、仏典の講義や僧尼の監督に当たった僧職。795年以前は国師と称した。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こう‐し カウ‥【講師】
〘名〙 (古く、寺で説経をする僧をいった「講師(こうじ)」を転用した語。→こうじ)
① 塾や学校などで講義する人。特に、学校などで、嘱託として特定の学科、技術の教授を担当する人。
※随筆・胆大小心録(1808)一〇八「学才上聞に達して、林学校の講師の列にくははりたり」 〔後漢書‐礼儀志〕
② 講演会や講習会などで講演する人。
③ 大学などで教授または助教授に準ずる職務に従事する者。専任で常勤の者と、非常勤の者とがある。または小・中・高等学校で非常勤として教諭の職務を助ける者。
※地獄の花(1902)〈永井荷風〉五「其他二三の私立学校の講師をも受合うていたのである」
※雑俳・柳多留‐二六(1796)「湊のごとく船がつく下手講師」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こう‐じ【講師】
〘名〙
[一] (コウ:) 仏語。
① 上代・中古、諸国の国分寺におかれた上座の僧官。古く行なわれた国師を改めたもので、僧尼をつかさどり、また経論を講説した。中央で任命、派遣し、任期は六年。
※万葉(8C後)一九・四二〇四・左注「講師僧恵行」
※土左(935頃)承平四年一二月二四日「講師むまのはなむけしにいでませり」
② 維摩会(ゆいまえ)・最勝会等の法会で、講経の任に当たる高僧。
※続日本紀‐天平九年(737)一〇月丙寅「請律師道慈講師。堅蔵為読師
[二] (カウ:) 漢詩、歌会、歌合せの披講の席で、詩歌を朗詠して披露する人。
※延喜十三年亭子院歌合(913)「歌の講師は、女なむつかまつりける」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

講師」の用語解説はコトバンクが提供しています。

講師の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation