@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

講釈【コウシャク】

デジタル大辞泉

こう‐しゃく〔カウ‐〕【講釈】
[名](スル)
書物の内容や語句の意味などを説明すること。「論語を講釈する」
物事の道理や心得などを説いて聞かせること。また、その説明。「先輩気どりで講釈する」
江戸時代、客を集めて軍記物を読み聞かせたもの。明治以後の講談のもと。
講釈師」の

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こうしゃく【講釈】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こうしゃく【講釈】
スル
書物や文章の意味などを説き明かすこと。
物事の意味・性格などをもったいぶって説明すること。 薬の効能を-する -を垂れる
「講談」の江戸時代の称。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こう‐しゃく カウ‥【講釈】
〘名〙
① (━する) 原典をもとに講義をすること。書物の語句や文章の意味などを補足し説明すること。講義。こうさく。
※河海抄(1362頃)序「五十四帖を講釈せらるる義ありしに」
② (━する) 物事の道理や、教義を説くこと。また、その道理や教義。
※仮名草子・犬枕(1606頃)「一、諸道のかうしゃく」 〔新唐書‐李勉伝〕
③ (━する) 江戸時代、民衆を相手に「太平記」などの軍書、中国の戦記、伝記、人情咄などの本を面白く注釈を加えて読んだこと。また、そのもの。明治時代、講談に発展した。
※俳諧・犬子集(1633)一七「いにたくもありいにたくもなし 講尺の半に腹のいたみ出〈貞徳〉」
※浮世草子・浮世親仁形気(1720)三「太平記の講尺(コウシャク)さする思案であらふが」
④ (━する) こまごまと説明を加えること。もったいぶって説明すること。また、その説明。解説。
※俳諧・西鶴大矢数(1681)跋「我計うなづきて一句一句に講釈、大笑ひより外なし」
※或る女(1919)〈有島武郎〉後「出す物の一つ一つに知ったか振りの講釈をつけて」
※浄瑠璃・曾我五人兄弟(1699頃)五「謡のかうしゃく、つじばうか、舞まひよみうり様々に」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

講釈
講談」のページをご覧ください

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

講釈
こうしゃく
講談」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

講釈
こうしゃく

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

講釈」の用語解説はコトバンクが提供しています。

講釈の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation