@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

謝朓【シャチョウ】

デジタル大辞泉

しゃ‐ちょう〔‐テウ〕【謝朓】
[464~499]中国、南朝の詩人。陽夏(河南省)の人。(あざな)は玄暉(げんき)。宣城の太守であったので謝宣城とよばれ、同族の詩人である謝霊運に対して小謝ともよばれた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しゃちょう【謝朓 Xiè Tiǎo】
464‐499
中国,南朝斉の詩人。字は玄暉(げんき)。陳郡陽夏(河南省)の人。斉の永明年間,沈約(しんやく)らとともに,四声(しせい)のリズムを生かした新しい詩風を推進して,五言詩に一時期を画した。その・情を巧みに融合させた繊細な感覚は,六朝後期を代表する詩人たるに恥じない。謝霊運を〈大謝〉と称するのに対して,〈小謝〉と呼ばれる。その詩は唐詩の抒情の先駆けとなり,ことに李白の詩に及ぼした影響は大きい。永明文学【興膳

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

謝朓
しゃちょう
Xie Tiao
[生]大明8 (464)
[没]永元1 (499)
中国,六朝時代の斉の詩人。字は玄暉(げんき)。陽夏(河南省)の人。早くから文才をうたわれ,明帝のとき宣城太守となった。それによって謝宣城とも呼ばれる。のち斉末の勢力争いに巻き込まれて獄死した。沈約らとともに,武帝の永明年間に竟陵王(きょうりょうおう)蕭子良の客となり,いわゆる「永明体」の詩風をつくった「竟陵八友」の第一人者。形式美の追求と繊細清新な着想と表現を示し,特に叙景詩に優れ,その巧みな対句はのちに代の近体詩成立に影響を与えた。唐の杜甫李白からも大いに推重され,一族謝霊運謝恵連とともに「三謝」と呼ばれる。『謝宣城集』(5巻)が現存する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)


しゃちょう
(464―499)
中国、南朝斉(せい)の詩人。字(あざな)は玄暉(げんき)。陳郡陽夏(河南省)の人。宣城郡(安徽(あんき)省)の太守となったので、謝宣城ともよばれる。謝の世代になると、東晋(とうしん)以来の門閥貴族である謝氏も昔日のおもかげはない。しかし名門意識と没落意識の交差がこの詩人の感性を鍛えた。とりわけ叙景に優れ、謝霊運の山水詩を引き継ぎつつ、美を洞察する感受性は、他の六朝(りくちょう)詩人に類をみない。友人の沈約(しんやく)は謝の五言詩を「二百年来この詩なし」とたたえた。謝も沈約も竟陵王蕭子良(きょうりょうおうしょうしりょう)の文学サロンに出入りした八友の一人であるが、謝の詩は、唐詩の風を先駆けて切り開いており、唐の詩人李白(りはく)や杜甫(とほ)の評価も高い。尚書吏部郎に抜擢(ばってき)されてまもなく、王朝末期にありがちな皇帝廃立の陰謀に巻き込まれ、36歳で獄死した。『謝宣城集』5巻がある。[成瀬哲生]
『網祐次著『中国中世文学研究――南斉永明時代を中心として』(1960・新樹社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しゃ‐ちょう ‥テウ【謝朓】
中国、六朝斉の詩人。字(あざな)は玄暉。謝霊運、謝恵連と合わせて三謝という。河南陽夏の人。竟陵王子良のもとで、王融、沈約、蕭衍(しょうえん)らと共に「永明体」という音調を持つ詩風を生み出し、のちの李白、杜甫らに影響を与えた。著「謝宣城集」五巻。(四六四‐四九九

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

謝朓」の用語解説はコトバンクが提供しています。

謝朓の関連情報

関連キーワード

アエギディウスシアグリウス謝脁孝文帝ペルシア戦争イオニア反乱孝文帝孝文帝

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation