@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

謝罪広告【しゃざいこうこく】

世界大百科事典 第2版

しゃざいこうこく【謝罪広告】
名誉毀損による損害賠償の方法の一つとして,加害者が被害者に対して広告という形で謝罪を表明するもの。たとえば,誤って虚偽の事実を報道して他人の名誉を毀損した週刊誌の記事につき,記事執筆者・雑誌社が新聞紙上に陳謝の意をあらわす広告を掲載する場合などがこれにあたる。名誉毀損を含む不法行為一般においては損害賠償は金銭の支払によって行われるのが原則であるが,名誉毀損においては単に賠償金を受領しただけでは被害者の名誉が回復されるとはかぎらない。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

謝罪広告
しゃざいこうこく

他人の名誉・信用を毀損(きそん)した者が、それを謝罪する旨の広告。通常は新聞紙上に掲載される。故意または過失によって人の名誉・信用を毀損すると、民法上不法行為を構成する(709条)。しかし、日本の民法上不法行為の損害賠償は金銭賠償を原則とする(722条・417条)ので、それだけでは毀損された名誉は回復されず、十分な救済とならない。そこで民法は、裁判所が被害者の請求により、損害賠償にかえ、または損害賠償とともに、名誉を回復するに適当な処分を命ずることができるものとした(723条)。その一つの方法が謝罪広告である。

[淡路剛久]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

謝罪広告」の用語解説はコトバンクが提供しています。

謝罪広告の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation