@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

謡曲【ようきょく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

謡曲
ようきょく
(1) 詞章と曲。 (うたい) 。 (2) 能の台本謡本間狂言せりふを含まないので不完全ではあるが,原則として能の台本でもある。謡曲の構成は,典型的な夢幻能の場合,序破急の5段構成を基本とし,各段はさらに次第,名のり,一声クリサシ,クセなど数十種の小段に分れる。詞章の中心部は枕詞,縁語,懸詞 (かけことば) などを多用し,古詩古歌を引用した文章であり,これは能の象徴性と深い関係をもつ。謡曲は,演奏順序,内容から,初番目物 (脇能物,神事能) ,二番目物 (修羅物,男物) ,三番目物 (鬘物,女物) ,四番目物 (雑能物,狂乱物) ,五番目物 (尾能切能〉物,早舞物,鬼物) の5種に分けられる (→五番立 ) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

よう‐きょく〔エウ‐〕【謡曲】
能の詞章・脚本。また、それに節をつけて謡うこと。謡(うたい)。→能(のう)4

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ようきょく【謡曲】
能の脚本である〈謡本(うたいぼん)〉を,主として文学作品としてとらえたときの名称。能を文学作品としてみる立場は,初の注釈書である《謡抄》(1595)にすでにみることができるが,〈謡曲〉の語は1772年(明和9)の《謡曲拾葉抄》が最も早い使用例と思われる。それまでは〈能本〉〈謡本〉〈謡の本文〉などと称していたようである。近代に入って能の興隆や研究の発展に伴い,大和田建樹《謡曲通解》(1892),坪内逍遥《謡曲文は歌なりや文なりや》(《能楽》1905年8月号)など広く用いられるようになり,現在の《日本古典文学大系》《日本古典文学全集》の《謡曲集》などに受け継がれている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ようきょく【謡曲】
能の詞章。
能の詞章だけを謡う芸事。本来の演能に含まれる役者の動き・囃子はやし・間狂言あいきようげんを除外し、シテ・ワキ・地謡じうたいなどの分担を行わず、詞章全体を一人で謡う。謡うたい

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

謡曲
ようきょく
能の脚本部分をいい、その声楽部分、つまり謡(うたい)をさすこともある。1772年(安永1)の『謡曲拾葉抄』に「謡曲」の語が用いられており、今日では『謡曲大観』『謡曲全集』『謡曲集』などと広く使われる。世阿弥(ぜあみ)は脚本のことを「能本(のうほん)」ということばを用いている。
 能の曲目は、どの流儀にも継承されたものもあり、流儀によって異なるものもあり、同じ曲でも名称や表記、本文に相違がある。観世(かんぜ)流は観世流の、金春(こんぱる)流は金春流の詞章を伝えているが、実際の能の上演の場合、ワキの部分はワキ方の、間(あい)狂言は狂言方の脚本によるから、厳密な意味で上演台本とはいいがたい。
 作詞の方法については、世阿弥が『三道(さんどう)』ほかに多く述べており、序一段、破三段、急一段の五段構成を指示している。謡曲の文章は、小段とよばれる類型的な単元の組合せによることが多い。クリ・サシ・クセ、次第・一セイなど。それらは音楽的特徴も共通している。
 謡曲作者については、僧侶(そうりょ)が作詞して、能役者が節付けしたのだろうなどという説が明治のころまで流布されていたが、世阿弥の伝書の発見、その後の研究の進展によって、ほとんどが能役者の手で創作されたことが明らかになった。つまり、能は音楽劇であるから、作詞と作曲と演出のくふうが同時進行する必要があったが、それにしても、これは世界の演劇史のなかで、きわめて注目すべきことである。
 謡が能から独立して、素謡(すうたい)として演奏され、鑑賞され、あるいは稽古(けいこ)されるようになったのは、主として江戸時代以降のことで、謡のテキストである謡本(うたいぼん)の出版はおびただしい数に上った。謡曲指南の役者も増え、現代も謡を稽古する人が多い。
 謡曲の音楽面では、節のある部分と、節のない「コトバ」とよばれる部分に大別されるが、コトバにも一種の抑揚があり、広義の歌である。節のある部分は、リズムをとらぬ謡い方と、リズムをとる謡い方に分けられる。能のリズムは八拍子に規定され、そこに七五調12音を当てはめる平ノリが基本であり、16音を割り振る躍動的な中ノリ、一音一拍のゆったりした大ノリの区別があり、また発声、息づかい、音階などの相違するヨワ吟とツヨ吟の謡い方がある。[増田正造]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

よう‐きょく エウ‥【謡曲】
〘名〙
① 能楽の詞章。また、その詞章に節をつけてうたうこと。謡(うたい)
※随筆・甲子夜話(1821‐41)六〇「月の色人と云しこと仏経より出づ。謡曲の作者も拠る所ある也」
② 歌を歌うこと。唱歌。
※彼日氏教授論(1876)〈ファン=カステール訳〉四「謡曲は至要とするに非ざれども、善良なる教師は能く其原理を会得し」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

謡曲
ようきょく
能の詞章をいう
その詞章を節付けして謡うことを素謡 (すうたい) というが,本来は舞台にかけ囃子方・大小鼓など)の伴奏によって歌舞するための台本。その構成は・急の順序に従って進行し,文章は和漢の故事伝説を素材にとり和歌漢詩文を引用し,華麗沈痛ながある。文学的価値も高い。脇能物・修羅物・鬘物・現在物・切能物の5種があり,現行曲は240番余。主要作者には観阿弥・世阿弥・金春禅竹らがいる。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

謡曲」の用語解説はコトバンクが提供しています。

謡曲の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation