@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

謹慎【キンシン】

デジタル大辞泉

きん‐しん【謹慎】
[名・形動](スル)《古くは「きんじん」とも》
言動をひかえめにすること。また、そのさま。「酒をやめて謹慎する」
「―な性質で居ながら、五日と尻がすわらない」〈逍遥当世書生気質
一定期間、出勤や登校などを差し止める処罰。
江戸時代上級武士に適用された名目上ので、門戸を閉じて昼間出入りを禁じたもの。(つつしみ)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きんしん【謹慎】
言動を控え,みずからを戒めることで,刑罰制裁としても科せられた。江戸時代,慎(つつしみ)と称した公家・武士の閏刑(じゆんけい)(特定の身分のや幼老・婦女に対し本刑の代りに科す刑)は,《公事方御定書》が規定する塞(ひつそく),遠慮類似の自由刑で,他出・接見などの社会的活動を制限することに実質的意義があったが,また名誉刑的な性格ももつ。幕末には大名処罰に隠居と併科された例が多くみられる。近代では,刑罰としての謹慎は1870年(明治3)の新律綱領士族官吏僧徒の閏刑として存した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

きんしん【謹慎】
名 ・形動 スル [文] ナリ 
言動を反省し、おこないをつつしむ・こと(さま)。 -の意を表す しばらく-する 性頗すこぶる-なれども/花柳春話 純一郎
懲戒の一つで、外出を禁止し、登校や出社を差し止めること。
江戸時代、士分以上の者に科した刑罰の一。住む所を定め、入り口を閉鎖し、自由な行動を許さなかった。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きん‐しん【謹慎】
〘名〙
① (形動)(━する) 言葉や行ないをひかえめにすること。また、そのさま。つつしみぶかいさま。
※色葉字類抄(1177‐81)「謹慎 人情部 キンジン」
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉三「其の謹慎(キンシン)な性質で居ながら、五日と尻がすはらないで」 〔諸葛亮‐前出師表〕
② 刑罰の一種。一定期間、ある場所にいさせて外出を許さないこと。
(イ) 江戸時代、士分以上の者に科せられた刑。
※嘉永明治年間録(1869)七「尾張、水戸、越前、三家に謹慎を命ず」
(ロ) 明治以後の陸海軍で行なわれた懲罰の一つ。
※陸軍懲罰令(明治四一年)(1908)五条「将校 一、重謹慎 二、軽謹慎」
(ハ) 学校などで行なう学生への処罰の一つ。登校を差し止めること。放校、退学、停学に次ぐ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

謹慎」の用語解説はコトバンクが提供しています。

謹慎の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation