@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

警策【きょうさく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

警策
きょうさく
禅堂で用いる用具。「けいさく」ともいう。木製の扁平な,長さ 1.2mほどので,修行者坐禅中に睡気に襲われたとき,また自分の精神を鼓舞させたいときに巡回中のにこれで打ってもらう。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きょう‐さく〔キヤウ‐〕【警策】
[名・形動ナリ]
禅宗で、座禅中の僧の眠けや心のゆるみ、姿勢の乱れなどを戒めるため、肩などを打つ木製の棒。長さ1メートルほどで、先は扁平な板状。けいさく。
《「きょうざく」とも》
㋐人が驚くほど詩文にすぐれていること。また、そのさま。こうざく。
「文ども―に、舞、楽(がく)、物の音ども、ととのほりて」〈・花宴〉
㋑人柄・容姿・物事などがすぐれてりっぱなこと。また、そのさま。こうざく。
「御心ばへもいと―に、御かたちもいとうるはしく」〈増鏡・三神山〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

けい‐さく【警策】
馬を走らせるために打つむち。また、馬をむち打つこと。
注意・自覚を呼びおこすこと。
「母親の言ったのが、ぐっと―になって寝像(ねぞう)頗るおとなしく」〈紅葉・二人女房〉
文章中で、その文全体を引き立たせるような働きをする語句。きょうさく。
きょうさく(警策)1

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こう‐ざく〔カウ‐〕【警策】
[形動ナリ]《「こう」は「きょう」の直音表記》「きょうさく(警策)」に同じ。
「いと―なる名をとりて」〈須磨

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

けいさく【警策】
禅宗のことば。〈きょうさく〉ともいう。弟子をはげますこと。とくに,座禅や日常生活のうちで,修行のゆるみや,過度の緊張をほぐすため,肩や背をたたくことを,を与えるといい,すすんで棒そのものを警策,もしくは策子とよぶ。長さ約1.5m,手もとは丸くて直径5cm,先端は幅6cm,厚さ1cm程度に薄く板状にけずり,当たりが軟らかで,弾力をもつようにつくる。素材や打ち方も,冬はカシケヤキで両肩にそれぞれ四打,夏はヒノキで両肩それぞれ二打が一般で,相互に合掌して行ずる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

きょうさく【警策】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

きょう‐さく キャウ‥【警策】
〘名〙
① (形動) 人を驚かせるほど詩文にすぐれていること。また、そのさま。こうざく。
※源氏(1001‐14頃)花宴「ふみどもきゃうさくに、舞・楽・物のねどもととのほりて」
② (形動) 人がらや容姿などが立派なこと。物事にすぐれていること。また、そのさま。こうざく。
※宇津保(970‐999頃)蔵開中「きゃうさくに心にくくて」
[語誌](1)中国では、もと、馬に鞭を当てることをいうが、転じて、漢詩文の要となって全体に光彩を与えるすぐれた字句(文選、陸機‐文賦)、及び秀作、傑作をいうようになった。日本では、さらに広く、②のようにものごとの優秀であること、人物・人柄の秀でていることなどをも意味した。
(2)「警策」は、漢音読みで「ケイサク」、呉音読みで「キャウシャク」であるが、漢字で書かれたものの読みについては、はっきりしないので、すべて「けいさく」の項にまとめた。→けいさく(警策)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きょう‐しゃく キャウ‥【警策】
〘名〙 =けいさく(警策)色葉字類抄(1177‐81)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

けい‐さく【警策】
〘名〙 (「策」はむちうつの意)
① (━する) 馬を駆けさせるために打つ鞭(むち)。また、馬をむち打つこと。
※本朝無題詩(1162‐64頃)四・早春言志〈藤原周光〉「上月下旬警策程、王春芳節始相迎」 〔曹植‐応詔詩〕
② 詩文中にあって、文全体を活かす働きをする主要な短句。転じて、佳編、佳句をもいう。
※性霊集‐序(835頃)「兼摭唐人贈答、稍挙警策雑此帙中。編成十巻」 〔陸機‐文賦〕
③ (━する) 人の注意、自覚などをよびおこすこと。また、そのことば。厳しい戒め、忠告。
※真愚稿(1422頃か)和兌童立秋韻「昨日少年今白首 故人警策語分明」
④ 仏語。禅宗の僧堂内で用いる僧の眠気をさますための細長い板状のもの。長さ四尺二寸(一・三メートル)ほどで、上幅は少し広くつくられている。また、誦経や問答の際など、師家が用いる。きょうさく。
※随筆・驢鞍橋(1660)上「其晩暮六(くれむつ)より四過迄衆僧取廻して警策(ケイサク)を打」
[補注](1)「源氏物語」など仮名文献に「きゃうさく」あるいは「かうざく」という語形が見られ、意味のひろがりもある。→きょうさくこうざく
(2)漢字で書かれたものの読みははっきりしないが、便宜上この項に収めた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こう‐ざく カウ‥【警策】
〘名〙 (形動) (「きょうさく(警策)」の直音表記か)
① 人に驚きをあたえるほどに詩文にすぐれていること。また、そのさま。きょうさく。
※読本・近江県物語(1808)一「梅丸が作れる詩ことにかうざく(警策)なりとて」
② 人柄や容姿などが立派であること。物事にすぐれていること。また、そのさま。きょうさく。
※宇津保(970‐999頃)俊蔭「かのみあるじの、いとになくかうざくなりつれば」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

警策」の用語解説はコトバンクが提供しています。

警策の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation