@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

警視長【けいしちょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

警視長
けいしちょう
(1) 1874年1月 15日旧東京警視庁が創設されるとともに,同庁の長として東京警保の事務を総提し,大警視以下の諸員を管督するために設けられた官職。しかし,同年 10月 15日廃止され,大警視にその任を委譲した。 (2) 現行の警察官階級の一つ。第3位のもので警視正の上位であり警視監下位にある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

けいし‐ちょう〔‐チヤウ〕【警視長】
警察官の階級の一。警視総監警視監に次ぐ3番目の地位で、警視正の上に位する。定員は警視正を含めて589人。一般職国家公務員。役職は、警察庁の課長、警視庁の部長、道府県警察本部の部長・本部長など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

けいしちょう【警視長】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

けいしちょう【警視長】
警察官の階級の一。警視監の下、警視正の上。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

警視長」の用語解説はコトバンクが提供しています。

警視長の関連情報

関連キーワード

おもなお雇い外国人ムソルグスキー自由民権運動わが祖国島義勇小野梓サイゴン条約スイス台湾出兵ニーベルングの指環

他サービスで検索

「警視長」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation