@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

警鐘【ケイショウ】

デジタル大辞泉

けい‐しょう【警鐘】
火災・洪水などの、警戒を促すために鳴らす鐘。「警鐘を打ち鳴らす」
危険を予告し、警戒を促すもの。警告。「現代社会への警鐘

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

けい‐しょう【警鐘】
〘名〙
① 急を知らせる鐘。戦いや火災、大水など、危険な事態を知らせるために打ちならす合図の鐘。また、その鐘の音。早鐘。
※星巖集‐丙集(1837)余燼集・火災紀事八首「烈燄須臾欲城、爆声相和警鐘声」
② (比喩的に用いられて) 警告となるもの。いましめ。
※南国記(1910)〈竹越与三郎〉一「此租借地の外に日本人の出づるや、支那人は警鐘を乱打して、世界に訴へんとす」
③ 初期の市街電車の運転台の下にあった装置で、前方の人に電車が近づくことを知らせた鐘。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

警鐘」の用語解説はコトバンクが提供しています。

警鐘の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation